日本全国、さらには海外にもその土地の魅力を楽しめるホテルや旅館を展開し、上質なおもてなしを提供する「星野リゾート」。今回は、そんな星野リゾートのうち50施設を6種類のブランド別に分けて紹介します。星のや・界・リゾナーレ・OMO・BEB、そしてそのほかの個性的なホテルも、これを読めばブランドごとの違いも分かり、星野リゾートに泊まりたくなるはず。

「星野リゾート」の記事一覧はこちらから!

【星のや】泊まるだけで圧倒的な非日常へ

コンセプトは「その瞬間の特等席へ。」。それぞれの土地の風土や歴史、文化が施設内のいたるところにちりばめられており、ラグジュアリーな滞在と極上の非日常体験を約束してくれます。

【沖縄県】星のや沖縄

「グスクの居館」をテーマに、海を眺めながら暮らしているように滞在できる沖縄を代表するラグジュアリーリゾート。「グスク」とは沖縄の史跡のことで、城壁を思わせる「グスクウォール」の向こうには、全室オーシャンフロントの客室が広がります。1年中24時間楽しめる、海に面したインフィニティプールや、空手や琉球舞踊をはじめとする沖縄ならではのアクティビティのほか、シチリア料理の技法で沖縄食材をいただくこだわりの料理などで、充実したステイを叶えてくれますよ。

■星のや沖縄(ほしのやおきなわ)
住所:沖縄県中頭郡読谷村字儀間474
TEL:050-3134-8091 (星のや総合予約)
料金:13万6000円~(1泊1室あたり※予約は2泊から)
チェックイン:15時~
チェックアウト:~12時

■参考記事:「星のや沖縄」宿泊記|絶景インフィニティプールや伝統にふれるアクティビティが充実!憧れの贅沢ステイ体験【#編集部のおでかけキロク】
(配信日:2023.08.16)

(広告の後にも続きます)

【界】心がほどける上質な温泉旅館

「界」は星野リゾートが運営する日本初の温泉旅館ブランド。「王道なのに、あたらしい。」をコンセプトに、心地よい和の空間で迎えてくれます。「ご当地部屋」や「ご当地楽」などで地域の魅力に触れることができます。

【石川県】界 加賀

国の有形文化財に登録されている紅殻格子(べんがらごうし)が印象的な石川県・山代温泉の宿。加賀友禅・加賀水引をはじめとする伝統工芸をちりばめたご当地部屋があり、美食家・北大路魯山人にならって「器と料理のマリアージュ」をテーマにした食事は、九谷焼や山中塗の器に、のどぐろやアワビ、ズワイガニといった旬の食材が並び、目でも舌でも楽しめます。サスティナブルな取り組みとして今話題の金継ぎ体験もできます。2024年3月13日(水)には新しくラウンジもオープン予定。

■界 加賀(かい かが)
住所:石川県加賀市山代温泉18-47
TEL:050-3134-8092(界予約センター)
料金:3万1000円~(1泊2食付、1室2名利用時)
チェックイン:15時~
チェックアウト:~12時

【静岡県】界 伊東

豊富な湯量と泉質を誇る伊東温泉に位置し、源泉かけ流しの湯殿や源泉プール、足湯などで存分に温泉を楽しめる宿。金目鯛に伊勢エビ、アワビなど伊豆の豊かな海の幸を用いた料理や、伊豆で古くから親しまれている、椿油作り体験が楽しめます。客室はすべて伊豆の四季の草花をテーマに、伝統工芸や文化を取り入れたご当地部屋「伊豆花暦の間」。河津桜など伊豆の植物で染めた糸を1本1本丁寧に機織り機で織り上げた「花暦スクリーン」や、季節の草花がかたどられた「木漏れ日行灯」などが設えられています。

■界 伊東(かい いとう)
住所:静岡県伊東市岡広町2-21
TEL:050-3134-8092(界予約センター)
料金:2万8000円~(1泊2食付、1室2名利用時)
チェックイン:15時~
チェックアウト:~12時

【長野県】界 松本

信州・松本の奥座敷、浅間温泉にたたずむ、ワインと美食を楽しめる温泉旅館。現代建築家の先鋭的な感性と、日本の伝統工芸美が調和したデザインが特徴です。2つの大浴場では、寝湯や檜おがくず風呂など8種13通りの湯浴みが楽しめ、日頃の疲れを癒やすのにもってこい。また、ご当地楽では、“楽都・松本”ならではのロビーコンサートや地元ワイナリーのテイスティングなどが楽しめ、松本の魅力を体感することができます。

■界 松本(かい まつもと)
住所:長野県松本市浅間温泉1-31-1
TEL:050‐3134‐8092 (界予約センター)
料金:3万1000円~(1泊2食付、1室2名利用時)
チェックイン:15時~
チェックアウト:~12時

【長野県】界 アルプス

囲炉裏での温かなおもてなしに、心も身体も安らぐ時間が過ごせる「界 アルプス」は、黒部立山アルペンルートの玄関口・大町温泉にたたずむ温泉宿。全ての客室が、伝統工芸の松崎和紙で作られた温かみのある行灯、信州の切り絵作家が手がけたアートワーク、上田紬のベッドライナーなどを設えたご当地部屋「信濃もてなしの間」で、離れやロフト付き和室など4タイプから選べます。食事は冬から春にかけては、綿あめを雪に見立てアルプスの雪解けを表現した「雪鍋会席」を提供。囲炉裏を囲んで信州名物おやきや焼きリンゴなどが味わえるのも楽しみの一つ。

■界 アルプス(かい あるぷす)
住所:長野県大町市平2884-26
TEL:050-3134-8092(界予約センター)
料金:2万8000円~(1泊2食付、1室2名利用時)
チェックイン:15時~
チェックアウト:~12時

【島根県】界 玉造

奈良時代から知られる名湯・玉造温泉にたたずむ、全室露天風呂付きの温泉旅館。大浴場はもちろん、客室でも温泉が楽しめ、温泉三昧を楽しむ旅にもおすすめです。食事はシジミやカニなど、地元の旬の魚介を味わことができ、なかでもシジミがたっぷり入った滋味あふれるスープでいただく「しじみ牛しゃぶ」は春夏限定の名物鍋。食後には島根県の地酒が楽しめる「日本酒BAR」でゆったりとした時間を過ごせます。

■界 玉造(かい たまつくり)
住所:島根県松江市玉湯町玉造1237
TEL:050-3134-8092(界予約センター)
料金:3万8000円~(1泊2食付、1室2名利用時)
チェックイン:15時~
チェックアウト:~12時

【静岡県】界 遠州

館内に足を踏み入れると茶香炉からお茶のいい香りが漂う「界 遠州」。茶葉を詰めた籠を湯舟に浮かべ、お茶の香りに包まれながら入浴できたり、中庭に広がる茶畑でのんびりくつろけたり…と、茶処ならではのおもてなしがいっぱい。全室から浜名湖が望め、伝統工芸の遠州綿紬のインテリアが印象的です。食事は、浜名湖名物のウナギや、フグの王様と称されるトラフグなど、ご当地感あふれる会席料理を提供。2022年にオープンしたラウンジでは好きな時間にお茶と絶景を楽しむことができます。

■界 遠州(かい えんしゅう)
住所:静岡県浜松市西区舘山寺町399-1
TEL:050-3134-8092(界予約センター)
料金:3万1000円~(1泊2食付、1室2名利用時)
チェックイン:15時~
チェックアウト:~12時

【青森県】界 津軽

古くから湯治場として知られる津軽の奥座敷・大鰐(おおわに)温泉にある温泉旅館。体の芯から温まるとろみのある温泉は、青森ヒバの内湯のほか、2022年に誕生したかまくら露天風呂で楽しめます。伝統工芸の津軽こぎん刺しに彩られた客室や、大間のマグロを地酒とともに味わえる食事、日本画の巨匠・加山又造氏による壁画『春秋波濤』の前で毎晩披露される、迫力ある津軽三味線の生演奏など、津軽の魅力を堪能できる宿です。

■界 津軽(かい つがる)
住所:青森県南津軽郡大鰐町大鰐字上牡丹森36-1
TEL:050-3134-8092(界予約センター)
料金:2万5000円~(1泊2食付、1室2名利用時)
チェックイン:15時~
チェックアウト:~12時

■参考記事:【青森・津軽】“こぎん模様”に魅せられて。津軽文化に浸るくつろぎステイ「界 津軽」
(配信日:2022.12.04)

【大分県】界 阿蘇

阿蘇くじゅう国立公園内に位置し、8000 坪の敷地にわずか 12 棟の露天風呂付き離れが点在する温泉旅館。客室のインテリアには、溶岩を材料に用いた茶器や、小国杉(おぐにすぎ)のテーブルなど、阿蘇のカルデラが育んだ自然素材を使用。全客室のテラスに露天風呂があり、鳥のさえずりを聞きながらぜいたくな湯浴みが楽しめます。馬肉をはじめとした阿蘇の大地の恵みを味わう和会席、カルデラの魅力を知る体験プログラムなど、阿蘇の大自然に包まれて心も体も解き放つひとときを過ごせます。

■界 阿蘇(かい あそ)
住所:大分県玖珠郡九重町湯坪瀬の本628-6
TEL:050-3134-8092(界予約センター)
料金:5万5000円~(1泊2食付、1室2名利用時)
チェックイン:15時~
チェックアウト:~12時

【神奈川県】界 箱根

箱根の玄関口・箱根湯本の旧街道沿いにたたずむ宿。全室リバービューの客室は、ローソファとベッドを備えた開放的な和室のほか、箱根寄木細工の作家とコラボした3タイプのご当地部屋も。なかでもおすすめは最上階の「箱根寄木の間 清流リビング付き和洋室」(写真)。館内随一の眺望と、伝統工芸品に囲まれておしゃべりが楽しめます。温泉は自然と一体感のある半露天風呂で。朝露が降り、澄んだ空気が心地よい早朝がおすすめの時間帯です。大自然を感じながらゆったり温泉に浸かってリフレッシュしてみませんか。

■界 箱根(かい はこね)
住所:神奈川県足柄下郡箱根町湯本茶屋230
TEL:050-3134-8092(界予約センター)
料金:3万8000円~(1泊2食付、1室2名利用時)
チェックイン:15時~
チェックアウト:~12時

【栃木県】界 川治

武家屋敷を思わせる長屋門があり、玄関に続くアプローチを歩いていくと、水車の音が優しく聞こえてきます。里山風情ただよう「界 川治」では、イノシシ肉など里山の恵を堪能できる会席料理や、石臼を使ったきな粉作りなど里山の知恵を体験できます。また、栃木県鹿沼地方で栽培されている野州麻(やしゅうあさ)を原料にした麻紙の風合いを生かしたご当地部屋も。温泉は内湯のほか、夜になるとランプが灯る露天風呂や川を眺めながらゆったり過ごせる足湯などがあり、温泉三昧なステイ時間が過ごせます。

■界 川治(かい かわじ)
住所:栃木県日光市川治温泉川治22
TEL:050-3134-8092(界予約センター)
料金:2万5000円~(1泊2食付、1室2名利用時)
チェックイン:15時~
チェックアウト:~12時

【宮城県】界 秋保 (2024年4月25日(木)開業)

仙台の奥座敷ともよばれ、奥州三名湯の一つ、秋保温泉に2024年4月25日(木)にオープンする、界ブランド23施設目の宿。名取川のほとりに立ち、自然に囲まれた大浴場、足湯を備えたテラス、大名の食事をイメージして脚付の御膳で提供される会席料理などが楽しめます。全室渓流ビューの客室は磊々峡(らいらいきょう)からインスピレーションを得た紺碧色の広縁が特徴のご当地部屋「紺碧の間」のほか、最大8名まで宿泊可能な特別室「三日月の間」も。

■界 秋保(かい あきう)
住所:宮城県仙台市太白区秋保町湯元平倉1
TEL:050-3134-8092(界予約センター)
料金:3万1000円~(1泊2食付、1室2名利用時)
チェックイン:15時~
チェックアウト:~12時

【栃木県】界 鬼怒川

首都圏から約2時間。鬼怒川渓流に面した小高い丘の上にあるため、エントランスまではスロープカーを使って移動するというワクワクも楽しめる宿。館内の至る所に、栃木の伝統工芸品の益子焼、黒羽藍染、大谷石が使われており、民藝に縁の深い土地ならではのおもてなしを体験できます。木々に囲まれ、中庭を囲うようにして立つ客室や露天風呂からは、桜や新緑、紅葉、雪景色など四季折々の美しい風景を望むことができます。

■界 鬼怒川(かい きぬがわ)
住所:栃木県日光市鬼怒川温泉滝308
TEL:050-3134-8092(界予約センター)
料金:3万1000円~(1泊2食付、1室2名利用時)
チェックイン:15時~
チェックアウト:~12時

【静岡県】界 アンジン

サムライとなった英国人航海士・三浦按針(ウィリアム・アダムス)ゆかりの地、静岡県伊東に立つ温泉旅館。館内は随所に海や船旅をテーマにしたデザインが取り入れられており、客室はすべてオーシャンビュー。大海原を望む最上階の大浴場で絶景と温泉をたっぷり堪能した後は、船の甲板をイメージした「サンブエナデッキ」で海風を感じながら、クラフトビールなどが楽しめます。

■界 アンジン(かい あんじん)
住所:静岡県伊東市渚町5-12
TEL:050-3134-8092(界予約センター)
料金:2万8000円~(1泊2食付、1室2名利用時)
チェックイン:15時~
チェックアウト:~12時

【神奈川県】界 仙石原

美術館や博物館が点在する箱根・仙石原エリアの温泉旅館。アート作品が飾られた客室は全室露天風呂付き。山々が連なる仙石原の雄大な風景が望め、大涌谷温泉から引いた湯の花が舞う温泉をゆったりと堪能できます。また、館内には「アトリエライブラリー」があり、アート・建築関連の本が閲覧できるほか、約2000本の色鉛筆の中から好きな色を選び、絵を描くこともできます。温泉×アートという非日常的な体験をぜひ。

■界 仙石原(かい せんごくばら)
住所:神奈川県足柄下郡箱根町仙石原817-359
TEL:050-3134-8092(界予約センター)
料金:5万5000円~(1泊2食付、1室2名利用時)
チェックイン:15時~
チェックアウト:~12時

【山口県】界 長門

山口県・長門湯本温泉にある「界 長門」は、藩主が参勤交代の時に休む場所“本陣”として使われた「御茶屋屋敷」をテーマに、武家文化を体現した温泉旅館。ご当地部屋の客室は、藩主が休む寝台をイメージした造りに。山口の伝統工芸品である徳地和紙、萩焼、萩ガラス、大内塗で彩られ、高貴な雰囲気に。窓からは四季折々の景色が楽しめます。界ブランドで初めて宿泊者以外も利用できる「あけぼのカフェ」も併設。

■界 長門(かい ながと)
住所:山口県長門市深川湯本2229-1
TEL:050-3134-8092(界予約センター)
料金:3万2000円~(1泊2食付、1室2名利用時)
チェックイン:15時~
チェックアウト:~12時

【鹿児島県】界 霧島

高千穂峰の中腹に立ち、客室はすべて「薩摩シラス大地の間」と名付けられたご当地部屋で、どの客室からも桜島や錦江湾を見下ろす開放的な眺めが楽しめます。客室棟からスロープカーで向かう大浴場には、桜島を眺めながら湯浴みができる露天風呂のほか、「あつ湯」、「ぬる湯」の2つの内風呂を備え、霧島の硫黄泉を堪能できます。夕食にはかつおだしでいただく黒豚しゃぶしゃぶも。締めは日本そばで黒豚のうま味をたっぷり味わえる食事も魅力♪

■界 霧島(かい きりしま)
住所:鹿児島県霧島市霧島田口字霧島山2583-21
TEL:050-3134-8092(界予約センター)
料金:3万1000円~(1泊2食付、1室2名利用時)
チェックイン:15時~
チェックアウト:~12時

【大分県】界 別府

海沿いに立ち、すべての客室がオーシャンビューの温泉旅館。フレームを最小限にした大判のガラス窓“ピクチャーウィンドウ”からは、時の移ろいとともにその表情を変化させる海景を絵画のように楽しめます。日本を代表する建築家・隈研吾氏が設計、デザインした館内は、和紙のちょうちんで彩られ、石畳が連なる湯の広場など、賑やかな別府の温泉街を彷彿させる造りに。「ドラマティック温泉街」をコンセプトに湯治体験などさまざまな体験を通して、別府の魅力を体感できます。

■界 別府(かい べっぷ)
住所:大分県別府市北浜2-14-29
TEL:050-3134-8092(界予約センター)
料金:3万2000円~(1泊2食付、1室2名利用時)
チェックイン:15時~
チェックアウト:~12時

■参考記事:「界 別府」を徹底紹介!オーシャンビューの客室から地元産食材を使用したお料理まで【るるぶ編集部員宿泊レポ】
(配信日:2022.12.21)

【北海道】界 ポロト

北海道白老町にあるポロト湖畔に立ち、全室から湖を望むことができる温泉旅館。世界的にも珍しい太古の植物由来の有機物を含有したモール温泉を、ポロト湖と一体感を感じられる露天風呂がある「△湯(さんかくのゆ)」と洞窟の中にいるような空間の「○湯(まるのゆ)」で堪能できます。アイヌ民族の伝統的住居”チセ”から着想を得てデザインされた客室など、随所にアイヌ文化へのリスペクトが感じられる宿です。

■界 ポロト(かい ぽろと)
住所:北海道白老郡白老町若草町1-1018-94
TEL:050-3134-8092(界予約センター)
料金:2万8000円~(1泊2食付、1室2名利用時)
チェックイン:15時~
チェックアウト:~12時

■参考記事:アイヌ文化が息づくポロト湖畔、とんがり湯小屋の宿「界 ポロト」で過ごす至福の時間
(配信日:2021.12.25)

【大分県】界 由布院

国内有数の源泉数・湧出量を誇る大分県由布院温泉に位置する「界 由布院」のコンセプトは「棚田暦(たなだごよみ)で憩う宿」。宿の中心に日本の原風景ともいえる棚田を配し、四季折々はもちろん、一日のなかでも表情を変える棚田の風景を客室やテラスから望めます。由布岳を眺めながら湯浴みが楽しめる大浴場や、猪肉や穴熊肉などの野山の恵みを堪能できる特別会席など、大分の大自然を目でも舌でも楽しめる温泉宿です。設計・デザインは隈研吾氏。

■界 由布院(かい ゆふいん)
住所:大分県由布市湯布院町川上398
TEL:050-3134-8092(界予約センター)
料金:3万5000円~(1泊2食付、1室2名利用時)
チェックイン:15時~
チェックアウト:~12時

■参考記事:【大分県】「界 由布院」の魅力を宿泊レポートで徹底紹介!
(配信日:2022.12.20)

【島根県】界 出雲

目の前に日御碕灯台や日本海を望む岬に立つ、絶景を楽しめる温泉旅館。徒歩約5分の距離には日御碕神社、車で約20分の距離には出雲大社があり、神社への参拝にも便利な立地です。コンセプトは「灯台と水平線を望むお詣り支度の宿」。灯台側の客室は西向きで海へと沈む夕日と日御碕灯台を、反対に海側の客室からは朝日を眺めることができます。出雲大社の起源を描いた神話「国譲り」を演目に伝統芸能・石見神楽の披露もあり、出雲神話にまつわる文化体験も楽しめますよ。

■界 出雲(かい いずも)
住所:島根県出雲市大社町日御碕604
TEL:050-3134-8092(界予約センター)
料金:2万5000円~(1泊2食付、1室2名利用時)
チェックイン:15時~
チェックアウト:~12時

【長崎県】界 雲仙

長崎県雲仙天草国立公園内の雲仙温泉に位置し、立ち込める噴気や湯気を間近で感じられる温泉宿。日本、中国、オランダ、ポルトガルの文化を感じられるご当地部屋「和華蘭の間」のほか、卓袱(しっぽく)料理をイメージした夕食などで、長崎ならではの滞在を満喫できます。また、温泉は雲仙地獄から湧き出た鉄と硫黄分を含む酸性で濁った色味が特徴。色鮮やかなステンドグラスが印象的な内湯や、野趣あふれる露天風呂で楽しめます。

■界 雲仙(かい うんぜん)
住所:長崎県雲仙市小浜町雲仙321
TEL:050-3134-8092(界予約センター)
料金:2万5000円~(1泊2食付、1室2名利用時)
チェックイン:15時~
チェックアウト:~12時