“ジープ風”スズキ「軽SUV」実車展示! シャコ上げでタフ感もマシマシ! サンドベージュがオシャな「ハスラー」とは

リアルスピードは「名古屋モビリティショー2023」に、ジープ「ラングラー」風のカスタムを施した「ハスラー」を展示しました。どのようなモデルなのでしょうか。

かわいらしい「ハスラー」をジープ「ラングラー」風にカスタム!

 2023年11月23日から26日にかけ開かれたモーターショー「名古屋モビリティショー2023」には、ユニークな車両が多数登場しました。

 中でも人目を引いたのが、リアルスピードが出品した、ジープ「ラングラー」風にカスタムされた「ハスラー」です。

 大阪府に本拠を構えるカーショップ「オートリアル」の展開するパーツブランドが「リアルスピード」です。これまでも日産「フェアレディZ」や、ダイハツ「タフト」「ミラジーノ」といった幅広い自動車のパーツを展開しています。

 今回ブースに展示されていたのが、「ハスラー」のラングラー風カスタムです。フロントグリルバンパーガーニッシュ(9万9000円)は、縦型の7連スロットルグリルを備え、フロントフェイスの印象が一変しています。

 さらに後方には、リアクォーターガラスガーニッシュサイドルーバー(4万4000円)を用意。タフ感も高めています。

 一方でヘッドライトなどのデザインはそのまま。ハスラーの素地を活かし、しっかりラングラー風にカスタムしています。

 パーツ製作において苦労した点を聞くと、真っ先に言われたのがフロントグリルに配置しているカメラです。こちらは通常のハスラーにも付いていますが、このパーツでも使用できるようにするのが、なかなか大変だったそうです。

 ゴツさと愛らしさをあわせ持った「ハスラー」カスタム。ブースを訪れた人からもそのかわいさに注目する声が多かったそうです。

※ ※ ※

 ハスラーは2014年に登場したスズキの軽クロスオーバーSUVです。2020年には現行モデルとなる2代目が登場しています。

 現在人気の軽自動車といえば「ワゴンR」などのハイトワゴン系ですが、このハスラーは軽自動車ながらSUVテイストのデザインが施されています。その人気は高く、2022年の軽自動車の販売ランキングでは7位にランクインしています。