「謎の新型ETC」が新しい有料道路に登場! “一旦停止がゼッタイ”な理由とは? 「使えるカード1種類だけ!?」早速反響も

2023年11月26日に開通した三郷流山橋有料道路に「ETCGO」と呼ばれる新たなシステムが導入されました。どのようなものなのでしょうか。

三郷流山橋有料道路に導入された「ETCGO」とは?

 2023年11月26日、埼玉県と千葉県を結ぶ三郷流山橋有料道路が開通しました。同時に新しい決済システムとして「ETCGO」が導入されましたが、どのようなシステムなのでしょうか。

 三郷流山橋有料道路は、埼玉県三郷市と千葉県流山市を結ぶ延長約2kmの道路です。周辺は都市化が進み交通需要も増え続けていることから、周辺道路の混雑緩和を目指してつくられました。

 今回の有料道路開通により、三郷市側は常磐道の三郷料金所スマートICに接続するほか、ららぽーと新三郷方面に連絡。流山市側は、流山市役所やおおたかの森、柏の葉方面へのアクセスが便利になります。

 そしてこの道路には、開通と同時にETCGOと呼ばれる新たなサービスが導入されました。どのようなサービスなのか、ETCGOを運営するアマノ株式会社の担当者は以下のように話します。

「高速道路以外の有料道路や駐車場でETC支払いができる新しい決済サービスです。

 国土交通省によるETC多目的利用サービスの方針にのっとってサービスを提供しております」

 ドライバーは、ETCGOを利用することでクルマに乗ったまま支払いが完了するキャッシュレス決済が可能なほか、事前登録不要、混雑・渋滞回避など、様々なメリットがあります。

 利用方法は、所定の場所に進入し一旦停止。クルマに乗ったままETC決済が完了し、バーが開いたら出発するだけと手軽なシステムです。

 なお、利用する際の注意点として、必ず“一旦停止”することが求められています。この理由について、前出の担当者は以下のように話します。

「ETCGOでは、ETCカード情報を処理する機器を遠隔地に配置する『ネットワーク型ETC技術』を採用しております。

 そのため、情報処理機器が各料金所(ローカル)に配置されている高速道路と比べるとどうしても処理速度の差があるため、ご利用の際はゲートの前で必ず一旦停止をお願いしております」

 対応しているカードは、開通日時点は三井住友トラストクラブが発行する「ダイナースクラブカード」のETCカード1種類のみです。

 2023年11月26日に導入されてから日が浅いETCGOですが、すでに反響が集まっているようです。

 これについて前出の担当者は、「様々なご意見を頂戴しておりますが、やはり対応するETCカードが少ないことに対するご意見が最も多いです。

 1日でも早くすべてのETCカードでETCGOをご利用いただけるように各カード発行会社様と交渉を進めております」と話します。

 なお、対応するETCカードは前述のとおり現在はダイナースのみですが、2024年3月からはイオン銀行発行のETCカードも加わる予定といいます。

(広告の後にも続きます)

そもそも「ETC多目的利用サービス」とは?

 今回ETC多目的利用サービスの方針にのっとって運用が開始されたETCGOですが、そもそも「ETC多目的利用サービス」とはどういうものなのでしょうか。

 現在有料道路に設置してあるETCは、有料道路の料金所ゲートに設置されたアンテナと、クルマに搭載した車載器との間で無線通信を行うことにより、通行料金を支払うことができるシステムです。

 時間帯割引が自動適用されるなど、現金で支払うよりも便利でお得なことから広く普及しており、ETC利用率は90%を超えています。

 しかし一方で、地方の有料道路などでもETCシステム導入について要望はあるものの、導入費用やランニングコストが高価といった課題があるため普及が進んでいません。

 そんななか、国土交通省の指導のもと、駐車場などの高速道路以外の施設で試行運用が進められているのが、ETC多目的利用サービスです。

 これは2013年6月14日に閣議決定された「世界最先端IT国家創造宣言」で示された「駐車場等、高速道路以外の施設でもETC等のITS技術が利用可能となる環境を整備し、利便性の向上を図る」ものであり、ETC技術の活用について検討が進められています。

 2017年7月には、民間の駐車場などで試行運用が始まり、今後は高速道路以外での利用として、前述のような有料道路や駐車場のほか、ドライブスルー、ガソリンスタンドなど、キャッシュレス決済による利便性向上が期待されるサービスへと展開される計画です。

※ ※ ※

 前出のアマノの担当者は今後の運用について、「まずは有料道路での初めての導入となりましたが、今後は駐車場での導入も積極的に進めてまいります」と説明しています。

 今後様々な場所で導入され、また、利用者も増えていくことが考えられます。引き続き動きが注視されます。