趣味にも使える「“4人乗り”軽トラ」が実在! 個性的すぎるダイハツの斬新「商用車」が凄い! アウトドアにも最適なモデルとは

軽トラックのように荷物を気兼ねなく積み込むことが可能なまま、4名が余裕を持って乗車できる軽自動車があれば……と考える人に朗報です。実はすでにそのような画期的なモデルが存在します。

えっ…!「“4人乗り”軽トラ」実在した!?

「軽トラック」は、軽自動車ならではのコンパクトさと積載性能・頑丈さなどを両立する優れた商用車で、さらに悪路走破性にも長け、泥まみれになった農具も気兼ねなく積み込めることから、業務用のみならず趣味の相棒としても多くの人に愛されています。

 しかし、そんな軽トラックにはひとつだけ“弱点”ともいえる要素が存在します。

 それは、「2人までしか乗車できない」という点。

 あまりにも身も蓋もない話ではありますが、軽トラックは荷台があるため乗員スペースに限界があり、最大乗車人数が2名に限られています。

 もし軽トラックのように荷物を気兼ねなく積み込むことが可能なまま、万が一の際には軽自動車の最大乗員である4名が乗車できるならば、最高の実用性能を誇るクルマなのに……などと考える人も存在するかもしれませんが、実はまさに“そのようなクルマ”は存在しているのです。

 それがダイハツの「アトレーデッキバン」という個性派モデル。

 ベースとなる「アトレー」は、広い荷室スペースが特徴の軽ワンボックスカーで、配送業では頼れる相棒として、家庭では日常の足として多くの人に愛用されています。

 このアトレーの広い荷室部分をオープンデッキ(軽トラックで言う荷台)に変えた特別なモデルが、アトレーデッキバンです。

 同車は先述のとおり車体後部がオープンデッキになっており、軽自動車の限られたボディサイズでありながら、長さ880mm×幅1360mm×高さ610mmの実用的な荷台を装着しています。

 またリアゲートが開閉可能なので、荷物の上げ下ろしがしやすいのも嬉しい点。

 もちろんオープンデッキを備えながらベースのアトレー同様に「4人乗り」のため、荷台の構造も相まってまさに「4人乗れる軽トラック」のような感覚で活用できる画期的なモデルなのです。

 さらに後部座席は片側収納・両側収納と用途に応じたシートアレンジが可能。荷台以外にも荷物を載せたいときや、濡れるのを避けたい道具荷物を載せる際には大いに役立つ工夫が施されています。

※ ※ ※

 このように4人乗り軽トラックのような個性の塊と言えるアトレーデッキバン。

 現実で使用されているシーンを見ると、本来の“商用”利用だけでなく、レジャーシーンで利用したり個性的なカスタマイズを施すなど、趣味の1台として愛用されているケースも多いといいます。

 例えば積載性を活かすべく、キャンプなどアウトドアに特化したモデルに仕上げるのはよく見るケース。

 実際に「東京オートサロン2022」では、本家ダイハツからも独自のカスタマイズを施した「アトレーデッキバン キャンパーver.」が公開され大きな注目を集めました。

 くわえてアトレーデッキバンは走破性に優れたフルタイム4WDのグレードもあり、アウトドアとの親和性は高いクルマだといえるでしょう。

 ちなみにダイハツはアトレーだけでなく「ハイゼット」のデッキバン仕様も販売しています。

 両車とも「オープンデッキの軽自動車が欲しい」というユーザーの要望に応えてくれる画期的なモデルですので、気になった人は一度ディーラーに行き、実車を確認してみてはいかがでしょうか。