トヨタ新型「セリカ」話題に!8代目「次期モデル」登場に現実味でた? リフトバッククーペのCGに期待する声とは

セリカは約36年の生産期間の間に、6回のフルモデルチェンジを経た長寿モデルで、現在でも世界的に高い人気を誇ります。最近では復活が噂されることも増え、SNSでは次期型セリカのCGが注目を集めています。どのような反響が寄せられているのでしょうか。

7代36年の大人気長寿モデル! 期待するのは次期セリカ

 トヨタ「セリカ」は1970年から2006年にかけて生産されたスポーツクーペです。
 
 最近では復活が噂されることも増え、SNSでは次期型セリカのCGが注目を集めています。どのような反響が寄せられているのでしょうか。

 セリカは約36年の生産期間の間に、6回のフルモデルチェンジを経た長寿モデルで、現在でも世界的に高い人気を誇ります。

 初代セリカは1970年にデビュー。特徴的な2ドアクーペのボディは、当時からは珍しいシャープなものではなく、丸みの帯びたボディラインから「だるま」の愛称で親しまれるモデルです。

 1977年にはフルモデルチェンジを経て2代目が登場しました。より空力性能を重視したモデルとなり、日本初の三次元曲面サイドガラスが採用されたモデルです。北米市場を意識して「セリカXX(MA40型)」も登場しました。

 3代目は1981年に登場。同時期には当時を代表するデートカーとも言えるトヨタ「ソアラ」の発売などもあり、全体的に歴代のなかでは印象が薄めのモデルである一方で、セリカをよりスペシャルティモデルへとシフトさせるきっかけとなった1台でもあります。

 1985年には4代目がデビューし、3代目までの後輪駆動式から前輪駆動へと変更されたこともあり、セリカの歴史上、重要な分岐点を記すモデルといえます。このモデルから、世界ラリー選手権にも出場し、モータースポーツシーンにセリカの名前が飛び交うようになりました。

 そんなセリカのモータースポーツ色は、1989年にデビューした5代目から、より一層色濃くなったといえます。ポップアップヘッドランプを採用し、印象的なスタイリングとなったT180型は、世界ラリー選手権では日本車初となるドライバーズとマニュファクチャラーズのダブルタイトルを獲得しました。

 1993年には6代目のセリカが登場。先代のモータースポーツ界での活躍もあり、そのイメージが定着したセリカは、世界的な認知度と多くのファンが存在するモデルとなり、その人気は数十年が経過した今なお健在です。

 そして1999年には7代目となるセリカの最終モデルがデビューします。先代のモデルと比較すると一気に先進的なスタイリングとなったT230型は、約20年以上が経過しているにもかかわらず、古臭さを感じさせないデザインが特徴的です。

 その後、7年間生産は続きましたが、2006年の生産終了をもって、セリカは7代36年の長い歴史に幕を閉じました。

(広告の後にも続きます)

デザインが超カッコいい! 8代目? 新型セリカのCGが凄い!

 そんなセリカは、長年の生産期間とモータースポーツでの活躍もあり、現在でも世界的に多くのファンが存在する人気モデルです。

 復活を待望するファンが多いなか、最近では、トヨタの佐藤恒治氏が新社長に就任した際「セリカの復活を望んでいる」という噂が出たことが発端で、話題になりました。

 さらには豊田章男会長が「復活することをお願いしている」という話しもあり、「セリカ復活」に現実味が帯びてきているのと同時に、大きな期待が寄せられています。

 復活の可能性が高まってきた現在、一部の熱狂的なファンによりデザイン予想CGが制作されており、なかにはそのリアリティの高さから、SNSで多くの注目を集めるものもあります。

 なかでも、2015年からSNSで「Celica Reboot」というファンページを運営するRen Yeo氏がデザインした「セリカ・グランドツーリング」モデルは大きな反響が集まっています。

 Yeo氏は、自身のデザインに加えて、セリカがどのようなモデルになって欲しいか、期待を込めた未来予想を投稿。

 そのなかで「Gazoo Racing開発の4輪駆動システムの性能の高さから、同じシステムが導入され、オールシーズン楽しめるクルマになることを期待している」などと現実味の高い予想を交えています。

 CGデザインについては、初期モデルのリフトバッククーペスタイルを取り入れながら、近年の新型トヨタ車に見られるハンマーヘッドのフロントフェイスを採用するなど、過去と現在を融合したエクステリアを実現しています。

 そんなYeo氏の妄想のなかに垣間見えるリアリティの高さが、多くのセリカファンを惹きつけました。SNSでは、次のようなコメントが寄せられています。

 デザインに対しては「これはカッコいい!」「4つ目をオマージュして欲しい」「実現して欲しいスタイルだ!」などと称賛の声が寄せられています。

 一方で、日本のファンからは「サイズが大きくてアメリカ向け」などの反響もあり、北米市場を重視したモデルとなった場合、国内での使い勝手を不安視するような声もありました。

 それでも、多くのセリカファンが過去のモデルについてなどの意見を交わし、復活を熱望する様子がうかがえ、その人気はまだまだ健在であることが再確認できます。

※ ※ ※

 トヨタがセリカを復活させるとなれば、TOYOTA GAZOO Racingからスポーツモデルとして登場させることが予想されています。

 一部のファンは、過去の活躍によってセリカの名前が世界ラリー選手権の歴史に名を刻んでいることから、現在活躍している「GRヤリス」に代わる可能性も考えられるなど期待が高まっています。