「中途半端なステルス機」と見るのは浅はか 韓国オリジナル戦闘機KF-21“進化計画”の現在地とは お値段F-35超え!?

韓国が独自に開発した戦闘機KF-21「ポラメ」は、F-22やF-35といった最新ステルス戦闘機と同じように見えますが、メーカーいわく目指すポジションはそこではないとか。開発目的について直接ハナシを聞いてきました。

「ステルス風」な外見の真意は?

 2023年10月下旬、韓国のソウルで開催された「ソウル ADEX 2023」において、韓国の国産戦闘機であるKF-21「ポラメ」が公開されました。同国初のオリジナル戦闘機は、実機が初飛行にも成功していることから、その動向は日本を始めとして世界中から注目を集めています。

 なお、今回のイベントでは複座型の試作6号機が参加し、機体展示だけでなく、一般公開イベントでは初めてとなるデモフライトも披露されました。

 KF-21は、韓国の国防科学研究所と韓国航空宇宙産業(KAI)が開発中の戦闘機です。2010年頃よりプロジェクトが始まり、2022年7月に最初の試作機が初飛行しています。外見は、F-22などといったステルス戦闘機によく似ており、レーダー反射断面積(RCS)を低減させるための措置なのか、インテーク角度と垂直尾翼の傾斜角度が揃えられています。また、インテーク内部もダクト内部が曲げられていてエンジン正面のファンが外部から見えないようになっていました。

 このようなデザインから、KF-21はステルス戦闘機というイメージを世間に持たれていますが、一方でステルス機には必須ともいえる兵器を機内に搭載するウェポンベイはなく、代わりに胴体下部には空対空ミサイルを半埋め込み式で搭載するための溝が用意されています。

 この、ウェポンベイではなくミサイルを機外搭載する仕様ゆえに「中途半端なステルス機」と揶揄する意見も見られます。しかし、この外見的特徴にはKF-21の開発スケジュールと将来の発展性にリンクした切実な事情が関係していました。

(広告の後にも続きます)

最初に目指すは旧式機の更新 その後は?

 もともとKF-21は、F-22「ラプター」やF-35「ライトニングII」のようなステルス性を持った第5世代戦闘機を目指したものではありません。では、何のために開発されたのかというと、長期運用で老朽化が進むF-4「ファントムII」やF-5「タイガーII」といった旧型機を更新するために計画された戦闘機なのです。

 性能的には、F-16「ファイティングファルコン」より上を目指しており、世代的に言えば第5世代戦闘機よりも下の第4.5世代戦闘機を想定しています。すなわちユーロファイター「タイフーン」やサーブ「グリペン」、ダッソー「ラファール」などと同じレベルだといえるでしょう。

 また、機体の開発は一度にすべての性能を満たすのではなく、必要な能力を段階的に実装する形で進めています。その理由は開発の長期化による開発失敗のリスクを軽減させるためで、それは「ブロック」という名称で区分けされています。

 まず、最初のブロックIでは空対空戦闘能力のみを実装するのだそう。このタイプは2026年頃までに韓国空軍への配備を予定しています。その後、センサーの能力を強化したり、対地戦闘能力を付与したりといった改良が施されてマルチロール戦闘機となったブロックIIの開発を進め、これによってKF-21は第4.5世代戦闘機としての能力を獲得することになる予定です。

 ステルス性といった第5世代戦闘機としての能力については、ブロックIIの後に開発が予定されるブロックIIIでの実装を目指しています。ブロックIIIでは胴体下部にウェポンベイを装備し、さらに第5世代戦闘機ではステルス性と同様に必須となった複数プラットフォームからの情報を統合できるデータフュージョン能力も付与されるそうで、恐らくはブロックII以上に大規模な改修が機体全体に施されることでしょう。

 しかし、「ソウルADEX」の会場で話を聞いたKAIのスタッフによると、ブロックIIIの実現はまだまだ未知数のようです。「ブロックIIIに関しては、現時点で社内プロジェクトの段階であり、軍などとの正式な契約はまだ結ばれていない」とのこと。そのため、現時点で確実に開発が進められているのは、第4.5世代のブロックIIまでのようです。