まずはじめに、MOBY編集部として「反社会的勢力」は認めておらず、これらと一切の関係がないことと、これらに対して取材を行った記事ではないことをお伝えさせていただきます。

MOBYの読者から「ヤクザの乗るクルマ、ナンバーの見分け方を教えてください」という1通のメッセージをいただいたことなどから、安心してドライブを楽しんでいただくためのアドバイスとして、本記事をお届けします。

まず「ヤクザ」と「暴力団」は本来の言葉の意味の違いがあることからお伝えしましょう。

ヤクザに多いナンバーとは?

ヤクザの愛車についているナンバープレートにはそれらしさが表れています。

「1111」や「7777」などのゾロ目や「1」といった定番の人気ナンバーのほか、「9」や「900」「9000」などの花札賭博のオイチョカブで最強の数字となる「9」にまつわる数字です。こうした数字は、もともと博打打ちだった彼ららしいこだわりと言えるでしょう。

末広がりを意味する「80-08」もヤクザに人気となっています。しかし、前述のナンバーを選ぶのはヤクザではない一般市民も多いことを補足しておきます。

ときどき「893」や「5910」などの語呂合わせのナンバープレートを見かけることがありますが、こうした露骨な番号をつけるのはヤクザ気取りのチンピラ(杯を受けているかどうかも怪しい)がほとんどで、それなりの地位にあるヤクザが選ぶことはないようです。

希望番号制がスタートし、好みのナンバープレートの数字が選べるようになって久しいですが、これらの番号は無用なトラブルを避ける意味でもつけないほうが得策のようです。

(広告の後にも続きます)

【ヤクザがよく乗っている車3選】意外なクルマが!

トヨタ アルファード

トヨタ アルファード エグゼクティブ ラウンジ
トヨタ アルファード エグゼクティブ ラウンジ

ヤクザに限らず、お偉い方々も重用する、トヨタ アルファード。室内は高級セダンよりも広いミニバンで、乗り心地も室内装飾も上質。アルファードの中でも、最上級グレード「エグゼクティブ ラウンジ」が人気のようです。このグレードではラージサイズミニバンでありながら、4人乗りという贅沢仕様があり、これも人気のよう。シートはファーストクラス並、室内空間の広さと乗り降りのしやすさもアルファードが選ばれている理由でしょう。

なお、姉妹車となる「ヴェルファイア」より「アルファード」の方が選ばれているようです。デザインの方向性は、ヴェルファイアがスポーティー寄り、アルファードがラグジュアリー志向といったところからでしょう。

ちなみに、都内某所では、黒色のアルファード エグゼクティブ ラウンジが道路脇にずらりとならぶ通りがあるそうです。

トヨタ プリウス

ヤクザといえども、経済性、環境性能は大切にしています。経済性と環境性能を両立した車といえば、トヨタ プリウス。一般市民に威嚇するような車には乗りたくないというヤクザの方も多いとか。ボディカラーは黒がその筋の方に人気という話も。

メルセデス・ベンツ Sクラス

メルセデス マイバッハ

最近は減ったと言われているようですが、やはり高級輸入車の代表格、メルセデス・ベンツはその筋の方に人気があるようです。

その中でも最上級の「Sクラス」セダン、さらにその最上級「マイバッハ」が選ばれることが多いようですが、その車両価格は2,000万円台。成功の象徴ともいえるモデルですから、この側面もあって選ばれていることでしょう。

ただ単に威風堂々たるブランドの車に乗るという見栄ではなく、卓越した走行性能と至高の乗り心地と上質なインテリアから選ばれていることもあるはずです。ライバルのBMWやアウディではなく、メルセデス・ベンツが選ばれるのは、特にラグジュアリー性だったり乗り心地が最も優れているということもあるでしょう。