車に限らず、何か新しいものを買うときにはワクワクした気持ちになるものです。しかし、購入前に期待が膨らんでいたぶん、実際に買ってみると「あれ、こんなものか」とガッカリしてしまうケースもありますよね。

今回はドライバーの方々に、「購入前は期待したけど、使ってみるとそうでもなかった車の装備」について話を聞きました。

便利な運転支援、しかし任せきりは禁物!

©chesky/stock.adobe.com

近年は衝突被害軽減ブレーキやアダプティブクルーズコントロールなど、ドライバーの操作を楽にしてくれる機能が普及しています。そうした先進機能のなかには「一度使ったらもう戻れない」ほど便利なものがある一方、ドライバーによっては「使いにくい」と感じられる機能もあるようです。

「パーキングアシスト機能がついた車に乗っていますが、納車されたその日に試しに使って以来、一度も使わなくなりました。アクセルとブレーキの操作は必要なタイプなので、どこからどこまで自分がやればいいのか混乱しそうで。まだまだ任せきりにできるレベルではないと感じましたね」(50代男性)

駐車の操作を補助するパーキングアシスト機能は、メーカーや車種によって操作方法やカバーする範囲が異なります。上のようにステアリング操作のみを補助するタイプのほか、最近では自動駐車に近いタイプも登場しており、ボタン操作や車外からのスマホ操作で駐車作業を済ませられる車種も。

ただしこのような機能を搭載した車でも、完全に操作を車側に任せきりにせず、万が一の際にブレーキやステアリングの操作ができるようにしておく必要があるでしょう。

なお、JAF(日本自動車連盟)が駐車アシスト搭載車種で実施したテストでは、障害物などがない状況であれば、テスト車両はJAFインストラクターに近い速さと正確性で駐車操作を終えました。

一方で障害物がある場合、その位置や形状、接近するタイミングによってはブレーキ操作を要するケースがあることが報告されており、ドライバー側もしっかりと周囲に注意を払わなくてはいけないことが窺えます。 

「フォグランプ、晴れてる日は点けるな」「メーカーもなんとかして」無知ゆえの“無意識迷惑行為”?怒り心頭のドライバーも

(広告の後にも続きます)

押されることのない「あのスイッチ」

車選びにおいて、「燃費のよさ」は無視できない要素です。近年では「エコ」や「スポーツ」など、スイッチ1つで走行モードを切り替え、場面にあわせた走り方ができる車種が増えています。「モードチェンジができる車」と聞くと、なんだかワクワクしてしまいますが……。

「走行モードを切り替えるスイッチは、買ってから数週間で使わなくなりましたね。エコモードでは加速がモッサリしすぎるし、スポーツモードにしても日常的な場面ではあまり変化を感じないので、ずっとノーマルモードで走っています。

妻と共用で使っている車ですが、妻の方はそもそも切り替えスイッチを押したことすらないようです。『同じ車なんだから、別にどれも一緒でしょ』と。せっかくの機能なのにメーカーさんには申し訳ないですが、結局自分もそういう使い方をしてしまっていますね」(40代男性)

モードの切り替え時にどのような変化が生じるのかは車種によって異なり、アクセルレスポンスが変化したり、シフトチェンジのタイミングが変化したりと、操作感に違いが生じるような設定がなされています。

スポーツカーなどではサスペンションの設定や排気音にも変化が生じる車種がありますが、あまり走りにこだわらないドライバーにとっては、複数のモードがあっても「無用の長物」と感じられてしまうケースがあるのかもしれません。

「最新EVは修理できません!」電動車普及の裏で悲鳴を上げる整備工場のリアルな声を聞いてみた