スカイラインセダンとは、プリンス店のマークII3兄弟対抗車!

販売面で見れば、なんと言われようと「これぞスカイラインのあるべき姿」と押し通すべきだったか…7代目R31のGTパサージュ ツインカム24Vターボ

1980年代にはハイソカーなるものが流行りまして、トヨタを中心に白くてツルンとして尖ったセダンやハードトップ、クーペが街にあふれた頃ですが、1981年に6代目、1985年に7代目と代を重ねていたスカイラインも例外ではありませんでした。

今では6代目のRSや7代目のGTS-Rが「スポーツしてるスカイライン」として有名ですが、販売してた当時の日産プリンス店としちゃ「トヨタのマークII3兄弟に勝てるハイソカー4ドアセダンとしてのスカイライン」でなきゃ、困ったわけです。

しかしファンは勝手なもので、MOBY編集部がAIに聞いた「30~50代のクルマ好きが気になる名車」で選ばれた6/7代目スカイラインセダンも、どうせRSやGTSのことでしょうが、今回はあえて「80年代ハイソカーとしてのスカイラインセダン」を振り返ります。

(広告の後にも続きます)

80年代はツルンとしなきゃと一新!6代目R30(1981年)

6代目R30といえばFJ20系を積むRSの2ドアばかり話題になりがちだが、売らねばならないのは4ドアGTだった…しかしトヨタが新設計の直6DOHC「1G-GEU」をマークII3兄弟に積む頃に、旧態依然の直6SOHC「L20E」ではさすがに辛い

いかにも1970年代の日本車でございとカクカク、デコボコしてメッキ加飾もバリバリな5代目C210から一点、フラッシュサーフェス(平坦)、ウェッジシェイプ(クサビ型)の「当時のナウいデザイン」で登場し、型式もCからRへと改まった6代目スカイライン。

後期型RSの愛称「鉄仮面」で有名なように、DOHC16バルブエンジンのFJ系を積んだRSグレードの2ドアモデルが思い出に残る人も多いと思いますが、メインはあくまでL型直6を積む「GT」グレードと、Z型直4を積む「TI」グレード、それも4ドアセダンです。

誰もが忘れがちですが、スカイラインとは高級セダンだった初代はともかく、2代目からはアッパーミドルクラス・サルーンであり、プリンスの、そして日産とプリンスが合併後は日産プリンス店における主力セダンとして、グロリアと並び立つ宿命でした。

つまり「西部警察」や「首都高トライアル」でいかに2ドアRSが活躍しようとも、4ドアセダンが売れなければならず、4気筒のショートノーズもなくなってボディは統一されたので、廉価グレードのTIも立派な風格となって売れ行きを期待してもよかったのですが。

TIには丸4灯テールが与えられないなど、変に安っぽくなったのもよくなかったのか、あるいはスポーツイメージが強すぎたのか、ライバルのトヨタ マークII3兄弟には今ひとつ及ばぬ販売成績で終わりました。

走りの面では、2ドアハードトップより4ドアセダンの方が剛性で勝ってよく走るとも言われましたが…。

「スカイラインGT-Rのエンジンを断固拒否!」プリンスの血を拒んだ日産純血の元祖スポーツカー・初代フェアレディZ(S30)【推し車】