【TABIZINE10周年×旅ライター】自由に綴る旅エッセイ〜人生に旅心を〜

下村祥子|コルカタに凛と咲くーにこりとも笑わなかった少女





©︎Travel Stock / Shutterstock.com

10月7日掲載『コルカタに凛と咲くーにこりとも笑わなかった少女』

第7回目は、神奈川在住の下村祥子さん。

「初めて訪れたインドでは、男女3人グループでまるで下北沢へライブにでも遊びに行くような行き当たりばったりの旅をしたのだけど、それからわずか3ヶ月後、わたしは再びインドのコルカタ(旧カルカッタ)に居た。インドへの旅は「行くのではなく呼ばれるものだ」とか言われるが、まさか自分がこんなに早く呼ばれるとは思いもしなかった」

(広告の後にも続きます)

北川菜々子 |17年前のパリの一人旅「とりあえずここで頑張ろう」





10月8日掲載『17年前のパリの一人旅「とりあえずここで頑張ろう」』

第8回目は、フランス・パリ在住の北川菜々子さん。

「今回TABIZINEの10周年企画で、どの旅のことを書こうか……色々考えました。今でこそ年に何回も旅に出ますが、根っから旅行好きという訳ではありません。どちらかというと家にいるのが好き。そんな私が一人で、それも海外に出たのが、大学4年生の冬でした。正確に言うと旅ではなくフランスに留学。それも一度も訪れたことがなかったフランスへ。その時のパリの一人旅が、改めて今振り返ってみると、私の中で一番印象に残っている旅なのです。なんてことのない旅ですが、17年前のパリの旅行の記憶を解きながら、今回のコラムを綴らせていただきます」

Chika|独特の空気と匂い。私をわくわくさせる場所





©HIROSHI H / Shutterstock.com

10月9日掲載『独特の空気と匂い。私をわくわくさせる場所』

第9回目は、編集部のChikaさん。

「その国、その土地ごとに異なる空気と匂いを感じられる空港は、いつだって私をわくわくさせてくれる。まるでパワースポットかのように、大きなエネルギーをもらえる場所です」

(広告の後にも続きます)

やまももわかめ丸|得する人になる!肉ジュバンを脱ぎ捨て自分自身を洗濯する「旅」という選択





10月10日掲載『得する人になる!肉ジュバンを脱ぎ捨て自分自身を洗濯する「旅」という選択』

第10回目は、徳島在住のやまももわかめ丸さん。

「旅は楽しいだけでなく、疲れた心を癒してくれることもあります。また、目標や夢、昔を思い出させてくれる。とくに私は旅を通して、視点や考え方まで変わることもあるということを体感しました。国内ばかりにはなりますが、これまでに足を運んだ場所から、とくに刺激を受けたスポットとともに旅の魅力について紹介します」

いわきあゆこ|旅はめんどうくさいもの





10月11日掲載『旅はめんどうくさいもの』

第11回目は、編集部のいわきあゆこさん。

「TABIZINEが10周年ということで、あらためて旅の魅力について考えてみたところ、過去のさまざまな思い出があふれてきました。知らないところへ足を踏み入れ、見たこともないものを見たり、食べたことのないものを食べたり、知らない人と話をしたり、驚きや喜びや戸惑いや不安、さまざまな感情をかき立てられる、それが旅の醍醐味。でも、それだけでないことにも気づいたのです」