【TABIZINE10周年×旅ライター】自由に綴る旅エッセイ〜人生に旅心を〜

ロザンベール葉|【ローマ・ナポリ・プロヴァンス】忘れられない朝食の思い出





10月5日掲載『【ローマ・ナポリ・プロヴァンス】忘れられない朝食の思い出』

第5回目は、京都在住のロザンベール葉さん。

「旅行の際、“食”は最も重要なテーマですよね。朝食、ランチ、ディナーとそれぞれに魅力がありますが、10周年に寄せての今回は、朝食にフォーカスしたいと思います。シンプルな中に、その土地の要素がたっぷり詰まっている朝食。特に忘れられない、イタリアのローマとナポリ、フランス・プロヴァンスの思い出をお届けします」

(広告の後にも続きます)

kurisencho|旅は、迷うから呼ばれる





10月6日掲載『旅は、迷うから呼ばれる』

第6回目は、東京在住のkurisenchoさん。

「私が「旅」をするきっかけになったのは、心身疲労しきったある夜、修行僧に背中を押された夢を見たことでした。「お前が行けば1001になる」と言われて、押された先は暗闇。お坊さんの謎の言葉と、不穏な行先が頭に残ったまま、ふと「1000体の千手観世音立像」で学んだ京都の寺院「三十三間堂」を思い浮かべました。……しかし、お坊さんははっきりと「1001」と言ったぞ……と不思議すぎて、なんとなく行くしかないと思い、夜行バスでそのまま京都へ向かったのです」