ドイツを始めヨーロッパ各国で行われる冬の風物詩・クリスマスマーケット。トリップノートの9万人のトラベラー会員(2023年9月現在)が実際に行っている順に、ヨーロッパのクリスマスマーケットを人気ランキング形式でご紹介します!

1位:ニュルンベルクのクリスマスマーケット(ドイツ)


photo by y_mielさん

例年11月下旬〜クリスマスイブにかけて開催される、ドイツの三大クリスマスマーケットのひとつ。世界で最も有名なクリスマスマーケットと言われ、毎年200万人を超える観光客が世界中から訪れます。


photo by y_mielさん

メイン会場となる「ハウプトマルクト」は、旧市街の中心に位置する広場。東側にはミュンヘンのシンボル的存在であるフラウエン教会がそびえるなか、手作りのクリスマスオーナメントなどを販売する180もの屋台がズラリと並びます。

またドイツのクリスマスマーケットと言えば欠かせないのが「グリューワイン」。スパイスやフルーツを加えたホットワインで、冷えた身体を芯から温めてくれます。

【スポット情報】

ニュルンベルクのクリスマスマーケット

(広告の後にも続きます)

2位:ウィーン市庁舎前のクリスマスマーケット(オーストリア)


photo by Harry15さん

オーストリアの首都・ウィーンで行われるクリスマスマーケットの中で、最も規模の大きいクリスマスマーケット。市庁舎の前に設置されるクリスマスツリーを中心に、100軒を超える屋台が並びます。

またメリーゴーランドやスケートリンクなどのアトラクションも設置され、家族で楽しめるクリスマスマーケットです。開催時期は例年11月中旬〜12月下旬まで。

▼関連記事▼
【チェコ・オーストリア・ハンガリー】のクリスマスマーケットを堪能する旅
【スポット情報】

ウィーン市庁舎前のクリスマスマーケット