ちゃんと買える、頑張れば手が届く価格のジャパニーズマッスルカー

1990年代を代表する国産大排気量FRスポーツといえばA80スープラだろう(画像は北米仕様)

当時の自主規制値280馬力、実際には300馬力級の3リッター直6DOHCツインターボのFRスポーツクーペが500万円以下で買える…今では考えられませんが、1990年代から、排ガス規制で多くのスポーツカーが葬られる2002年まで、ホントによい時代でしたね。

今じゃBMWの直6ターボ積んだ現行スープラなんて700万以上しますし、RZ34フェアレディZなんて値段以前に日産は売る気があるのやら…ホントに一般人が普通に買えるのか疑問に感じる代物になってしまいました。

特にA80スープラの新車発売当時はバブル崩壊後とはいえまだ名残があり、親に買ってもらったか親ローンか、免許取り立て学生が大学への通学で普通に乗ってきたものですが。

MOBY編集部がAIに聞いた、「30〜50歳くらいのクルマ好きが気になる名車」、今回は最後の庶民的ジャパニーズマッスルカー、トヨタのA80スープラです。

(広告の後にも続きます)

セリカXXのモデルチェンジ版から、本格スポーツへの転身

先代A70系のように日本の5ナンバーサイズを気にする必要がなくなり、ワイドではちきれんばかりのグラマラスなボディは、国産ハイパワースポーツ、それもスカイラインGT-Rのような伝説にとらわれたくないユーザーに歓迎された

そもそもトヨタの「スープラ」という車名にはややこしい経緯があり、初代(1978年)と2代目(1981年)は日本だと「セリカXX」という車名で販売し、3代目から日本国内でも「スープラ」を名乗りました。

そのため、知識の差によって「◯代目のスープラ」が異なる場合もあり、まずそこが注意点のひとつ。

さらに、2代目まではまだFR時代だったカリーナの姉妹車、「セリカ」のフロントセクションを延長、本来直4が載るところへ直6エンジンを載せるという、1960年代の2代目スカイラインGT(S54)と同じ強引さで成立したモデルでしたが、3代目からは一変。

カリーナやコロナともどもFF化されたセリカから独立、むしろ当時のソアラに近いFRラグジュアリースポーツとなり、「トヨタ3000GT」を名乗って古の2000GT後継車っぽい雰囲気を出そうとしますが、本質はあくまでセリカXX同様の北米向けラグジュアリーGT。

グループA公認を取ってツーリングカーレース(JTC)や、セリカGT-FOUR実用化までのつなぎにWRC(世界ラリー選手権)にも出場しますが、多少パワフルでもデカくて重いクルマが、マトモなスポーツカーと戦えるわけもありません。

しかもラグジュアリーGTとしてならソアラとかぶりますし、トヨタは国内2代目、海外も含めれば通算4代目となるA80系スープラを、思い切った本格FRスポーツへと転身させたのでした。

まあ、例によってトヨタのことですから、エンジンなどを共用する「アリスト」(初代1991年)という4ドアスポーツセダン版を先に発売していましたが。

“ミニランクル”来春デビュー?トヨタのチラ見せSUV、車名は『ランドホッパー』か