クルマの「樹脂パーツ」の“白ボケ”なんとかしたい! なぜ白く劣化する? 新車のような“黒いツヤ”復活させる裏技とは

クルマのバンパーやモールディングの一部などに「樹脂パーツ」が使われていますが、扱いやすい反面、経年劣化によって白っぽく変色してしまうことがあります。そうなるとクルマが古ぼけて見えるのですが、黒々したとツヤを復活させることはできるのでしょうか。

未塗装樹脂パーツの「白ボケ」なんとかならない?

 クルマのバンパーやモールディングの一部には、未塗装の「樹脂パーツ」が用いられています。
 
 SUVなどではフェンダーアーチなどにも樹脂パーツが使われていますが、未塗装なので塗装面を気にする必要もなく、軽くて丈夫で扱いやすいというメリットがあります。

 その一方で、経年によって白っぽく変色してしまう劣化がよく見られ、そんな「白ボケ」した状態ではクルマが急に古臭くなったように感じられてしまうものです。

 できれば新車のような黒々した状態を長くキープしたいものですが、何か方法はあるのでしょうか。

 もともとクルマには、バンパーなども含め数多くの鉄製パーツが使用されていました。丈夫さが取り柄でしたが、一方で重量増を引き起こす原因とされ、1980年代初期あたりから軽く成型もしやすい素材として「ポリプロピレン(PP)」と呼ばれるプラスチックの一種が用いられるようになりました。

 ポリプロピレン素材はさまざまなプラスチックのなかでもっとも軽量かつ比較的強度も高く、熱を加えることで変形が可能。そのままの状態をキープする「可塑性(かそせい)」という性質を持っています。

 そして安価に量産が可能であることから、現在ではクルマの樹脂パーツだけでなく、さまざまな製品に用いられています。

 吸湿性がないため湿度による劣化も気にしなくて良いのですが、一方で染色しにくい(そのため基本的には黒やグレーなど単色のみ)、接着や印刷がしにくい(成型したパーツは基本ビス留め、下処理をしないと塗装がしにくい)、細かい傷が付きにくい代わりに紫外線によって劣化しやすいといった特性があるとされています。

 そして無機質な黒一色では高級感を得られにくいため、現在では「シボ」と呼ばれる細かい凸凹加工が施されるようになったほか、それを逆手に取って、SUVやクロスオーバーモデルにあえて使用して、ワイルドさを演出するデザインの一部にもなっています。

 そんな便利な樹脂パーツですが、ユーザーを悩ませるのが経年などによる白ボケです。正しくは「白化」と呼ばれる現象なのですが、実際はポリプロピレンの分子結合が徐々に破壊されて密度が低下した状態です。白く見えているのは、表面にできた細かいクラックだといいます。

 クルマに樹脂パーツが多く使われるようになってから40年がたった現在、白ボケ対策としてさまざまなツヤ出し剤が販売されてきました。

 ツヤ出し剤は主に「シリコンオイル」を原料として、界面活性剤や乳化剤などが配合されたもの。

 カー用品店のスタッフD氏にも話を聞いてみたところ、ツヤ出し剤は安定した人気を誇るヒット商品だといいます。

 手軽にシリコンコーティングできることから人気がある一方、数か月で効果が薄れてしまうため、頻繁に洗車する人やこまめにケアができる人にはお勧めだそうです。

(広告の後にも続きます)

つや出し剤で解決しない樹脂パーツの白ボケ対策はある?

 手っ取り早く黒々としたツヤを取り戻せるツヤ出し剤でも、白ボケがなかなか解消しない場合もあります。そんな場合は多少の荒療治が必要になりそうです。

 整備士のI氏に聞いてみました。

「樹脂パーツを黒く復活させる方法はいくつかありますが、お金はかけたくないけれど労力は使えるという方には、『メラミンスポンジ』で表面を削ることで白化を解消することができる場合があります。いわゆる『ひと皮剥く』作業です」

 塗装面であれば、研磨剤が入ったコンパウンドなどで表面を薄く削るのが一般的です。ただし未塗装の樹脂パーツはコンパウンドの使用はおすすめできないといいます。

「コンパウンドで磨くと、研磨で出てくるカスが表面のシボ加工に入り込んで余計に白っぽくなってしまうこともあります。

 そこで、同じく表面を研磨できる上にカスが出にくいメラミンスポンジが有効です。

 ただし、こちらも表面を削ることには変わりがないので、同じ箇所ばかりやり過ぎるとシボ加工が消えてしまうこともあり、注意が必要です」(I整備士)

 現在では100円ショップでもメラミンスポンジが販売されており、安価で白ボケを解消させたい人には良いと思いますが、気をつけたいのが力加減です。

 削り過ぎも良くありませんが、樹脂パーツごとに磨きムラを出さないように意識する必要があるのです。

 しかも、メラミンスポンジは柔らかそうに見えるものの、実はかなりの硬度があるとされており、まずは目につきにくい下回りなどの樹脂パーツで試してみることをおすすめします。

「洗車で使用するボディ用コーティング剤は、樹脂パーツにもある程度の期間はコーティング効果が得られます。

 とくに屋外に駐車している場合は、白ボケしていない状態の樹脂パーツに使用すれば、紫外線や酸性雨による劣化を抑制することができます。

 まずはボディコーティングを塗布するときに樹脂パーツも一緒にコーティングすると良いでしょう」(I整備士)

 さらに、プロならではの荒療治があります。それが可塑性の特性のひとつである熱可塑性を活用する方法で、ポリプロピレンは耐熱温度(140度)になることで成型できるため、再び耐熱温度まで温めることで樹脂が軟化して元の状態に戻ろうとする性質を活かすものです。

「熱を加える方法は非常に温度管理が難しく、ポリプロピレンは140度で軟化しますが、180度以上になると今度は融点(溶け出す温度)を迎えてしまい、シボ加工も消えてしまいます。

 なので、一般の方はまずはメラミンスポンジで磨いてみて、それでも白ボケが解消できない場合などプロに相談するのが良いと思います」(I整備士)

※ ※ ※

 メラミンスポンジが樹脂パーツの白ボケ解消に役立つとは意外ですが、思った以上に強力(鉄並みに硬度がある)なので、慎重に作業することをお勧めします。

 また白ボケが解消できたからといって、それで終了ではありません。目に見えないだけで実は研磨した細かい傷が残った状態なので、コーティングで表面を保護しておきましょう。