意外と知らない? 道路の「センターライン」は色々な種類が存在! それぞれの“見分け方”と「意味」とは

道路の車線を区切っている「センターライン」は、切れ目のない「実線」や途切れている「破線」、あるいは色も「白」や「黄色」など、様々な種類があります。しかし、その指示内容は本当にすべて正しく把握されているのでしょうか。

センターラインの「意味」ちゃんと理解してる?

 道路の車線を区切っている「センターライン」には様々な種類があり、切れ目のない「実線」や途切れている「破線」だったり、また色も「白」や「黄色」などが存在します。

 これらのセンターラインにはそれぞれ異なる意味があるのですが、その内容を正しく把握できている人は少ないかもしれません。どのようなことを意味しているのでしょうか。

■基本! 白色のセンターラインの意味

 センターラインは、自車線と対向車線との区別や通行整理を目的に、車幅が5.5メートル以上の道路の中央に引かれた線のことです。

 とくに目にすることが多い一般的なものと言えるのが「白色のセンターライン」で、これには実線と破線の2種類があります。

 まず実線の白いセンターラインは、道路の片側幅員が“6メートル以上”の道路に引かれており、これは「センターラインをはみ出して走行することを禁止」しています。

 よって、追い越し自体は禁止ではありませんが、追い越し時にセンターラインをはみ出さないようにしないといけません。

 次に、破線の白いセンターラインですが、こちらは道路の片側幅員が“6メートル未満”の道路に引かれていて、実線と異なり「追い越し時にセンターラインをはみ出して走行が可能」です。

 ただし、センターラインをはみ出すということは、対向車線に進入することになりますので、十分に安全を確認してから追い越さなければなりません。

■黄色の実線は「追い越し時」に注意

 道路の「幅員」が“6メートル未満”の道路に多く採用されているのが黄色のセンターラインです。

 これを「追い越し禁止」だと勘違いしている人も多いのですが、黄色のセンターラインは「追い越しのために対向車線にはみ出すことが禁止」という意味です。

 ただし、黄色のセンターラインが引かれている道路でも、路肩にクルマなどが停車している場合は、センターラインを超えて抜き去っても問題ありません。

 これは走行している車両の「追い越し」に当たらないためで、安全を確認し「追い抜く」ことは可能となるのです。

(広告の後にも続きます)

センターラインが2本・3本組み合わさっている場合

■白と黄色の線が組み合わさっている場合はどうする?

 時には、白と黄色のセンターライン2本が組み合わさっている道路もあります。

 例えば、自車線側は黄色の実線が引かれていて、対向車線側は白い破線というケース。

 センターラインが2本あるので、どのような意味なのか分かりにくいかもしれません。

 この場合は、自車線側は「追い越しのために対向車線にはみ出すことが禁止」、対向車線は「追い越し時にセンターラインをはみ出して走行が可能」という意味です。

 さらに、白の実線の両側を黄色の実線が挟んでいるセンターラインも存在します。

 この場合は「黄色の実線」の意味が優先となります。

 つまり、通常の黄色の実線のセンターラインと同じく、「追い越しのために対向車線にはみ出すことは禁止」かつ、停車している車両を追い抜くことは可能、となります。

 似たパターンで、白の破線が黄色の実線で挟まれているセンターラインもありますが、これも上記と同じく「黄色の実線」が優先され、センターラインをはみ出しての追い越しは禁止です。

※ ※ ※

 道路状況や周辺環境(住宅街、近くに学校がある)によって、センターラインの色や形状が変わったり、様々なタイプが組み合わされたりします。

 事故や交通違反を避けるためにも、センターラインの意味を正確に理解するとともに、運転時には走行している道路のセンターラインの種類を把握することも心がけましょう。