「トイレ我慢出来ない…」 高速脇「謎のスペース」は何のため? 停めても良いの? 使える条件とは

高速道路にある「謎のスペース」はどのような目的で設置されているのでしょうか。

高速道路の「謎のスペース」はどのような場所?

 高速道路を利用していて、本線道路の脇に「謎のスペース」を見かけたことがある人も多いかもしれません。
 
 クルマが数台駐められるスペースですが、どのような目的で設置されているのでしょうか。

 謎のスペースは、「非常停止帯」と呼ばれるもので高速道路の左側に一定間隔において設定される路肩部分のことを意味します。

 この非常停止帯は緊急時にクルマを停車できるよう、十分な間隔が設けられており、一定間隔は「高速道路で500m」「トンネル内で750m」と定められています。

 非常停止帯の使用目的は「車両事故やクルマの故障により走行できない場合」が対象です。

 ほかにも、クルマがパンクしてしまい、走行不能となった場合にも、非常停止帯の利用出来ます。

 NEXCOによれば「非常停止帯を利用できるのは、事故におけるクルマの損傷・破損等でクルマをまともに走行することができないような、緊急事態時です」と説明しています。

 なお基本的に高速道路上は、道路交通法第75条の8第1項により本線や路肩を含めて駐停車禁止です。

 駐停車違反は違反点数2点、反則金は大型車種が1万5000円、普通車が1万2000円、二輪車が7000円となっています。

 では、高速道路走行時に「どうしてもトイレが我慢できない」や「突然の眠気」といったケースではどうなるのでしょうか。

 前出のNEXCOによれば「トイレに行きたくて我慢できないというような私的な事情で、むやみに非常停止帯を利用して停車することは推奨しません」と説明しています。

(広告の後にも続きます)

トイレや眠気は事前の対策! どう予防する?

 このことから、「トイレが我慢できない」もしくは「高速道路走行時の急な眠気」などの私的な理由は、事前にサービスエリアやパーキングエリアで体を休めることやトイレを済ませておくことをおすすめします。

 また、高速道路の走行時間は「2時間から3時間ごとに30分の休憩」が推奨されています。

 高速道路走行時に急な眠気が発生する理由は「運転中の目の疲れの蓄積」や「長時間同じ姿勢をし続ける」ことが挙げられます。

 なお、サービスエリアやパーキングエリアでの休憩時には、体の疲れを少しでも癒せるように「ホットアイマスク」を活用することもおすすめです。

 高速道路走行時には「カフェインが含まれたコーヒー」や「メントール入りのガムを噛む」などの対策も効果的になります。

 安心安全な運転を実現させるためにも、自分に合う最適な方法で高速道路走行時の「トイレ」や「眠気」に対して効果的な対策方法を実践しましょう。