タイヤに付いている「謎の●印」はなんのため? 赤色や黄色とあるけど違うの? 気づけば消えるマークとは

新品のタイヤに履き替えると側面に黄色のマークがついていることがあります。次第に消えてなくなるようですが、なにか意味があるのでしょうか。

タイヤの側面に付いている黄色や赤色の「謎の●」とは

 タイヤを履き替えた際やカーショップなどの新品タイヤの側面 (サイドウォール) を見てみると赤色や黄色の丸印でマークがついている場合があります。
 
 この「謎の●」はどのような意味なのでしょうか。

 黄色のマークは「軽点マーク」といい、タイヤの重量バランスで一番軽い場所につけられています。

 また新品のタイヤ側面には、黄色の軽点マーク以外にも赤色のマークがついていることがあります。

 一方で赤色のマークは、「ユニフォミティマーク」といいます。

 では、それぞれのマークにはどのような意味があるのでしょうか。ブリヂストンの担当者は次のように話します。

「軽点マークやユニフォミティマークは、タイヤをホイールに組み付ける際の組付け位置を適正化するために使用されます。

 組付け位置を適正化することで、バランスを適正に保ち高速での振動などを低減させることにつながります」

 タイヤというのは、ゴム以外にも補強材や配合剤やスチールベルトなどの100種類以上の原材料で構成されています。

 これにより製造工程でわずかですが重い部分と軽い部分のばらつきができ、均一の重量バランスにすることができません。

 静止時にはさほど気になりませんが、タイヤは速度をあげるほど高速で回転するため、遠心力により重量バランスが狂いはじめて振動が発生したり、ハンドルが取られたりします。

 そのため、重量バランスを改善するためにタイヤの軽い部分である軽点マークと、ホイールのなかでも重くなっているエアバルブ部分を合わせることによって、全体のバランスをとるようにしています。
 
 ただし軽点マークはあくまで静止時での目安でしかないので、組付け後のバランスはホイールバランサーで測定する必要があります。

 軽点マーク自体は、最初のタイヤを組み込むときだけ必要なため、日常使用で次第に消えていくようになっています。

 一方のユニフォミティマークは、タイヤの外周で一番張り出している部分や縦方向の剛性が1番高い場所にマーキングされます。

(広告の後にも続きます)

「●マーク」付いているのはタイヤだけじゃない? ホイールにも白いマークが! どんなの?

 またホイール自体も完全な真円ではありません。外形の1番低くなっている部分には白色や青色のマークがついていることがあり、これはボトムマークと呼ばれています。

 ボトムマークもタイヤと組み合わされる指標として用いられ、タイヤのユニフォミティマークとホイールのボトムマークを組み合わせることによってタイヤがより真円に近づく仕組みとなっています。

 タイヤのバランス自体は、軽点マークを用いて取り付けられることよりもホイールバランサーを使った測定をメインでおこなうことが多く、カウンターウエイトといわれるホイールに取り付ける重りで調整しています。

 どちらかというと、軽点マークよりは真円の精度を高めるユニフォミティマークを採用する整備工場が多いようです。

 ただし、軽点マークやユニフォミティマークはすべてのタイヤメーカーが採用しているわけでなく、とくに「ピレリ」や「ミシュラン」などの欧州メーカーでは、採用されていないことがほとんどです。

 それ以外にもタイヤの側面には、数多くの貴重な情報が記載されています。

 まずすべてのタイヤにはシリアルナンバーがあって、4桁の数字が刻印されており製造時期が明確にわかるようになっています。

 4桁のうち最初の2桁は製造週を、下2桁は製造年を表しており、例えば「2722」の刻印があれば、2022年の27週目 (7月) という意味です。

 これにより、タイヤの見た目の状態以外にもシリアルナンバーを見ることで、タイヤ交換の目安を判断する材料になります。

 ほかにもタイヤには製造国が記載されていて、時期や銘柄によって世界各国で製造されています。

 例えば前述のブリヂストンでは日本はもちろんのこと、アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど世界49拠点で新品タイヤが製造されているほどです。

※ ※ ※ 

 タイヤについているマークはすべて意味があって付けられています。

 マーク自体は取り付けが終了すれば必要なくなりますが、シリアルナンバーは取り付け後こそ役に立つものです。

 1度チェックしてみて、夏タイヤなら4年から5年、冬タイヤなら3年などメーカーが推奨しているタイミングで交換してみるのが良いでしょう。