ベルリンに夏がやってきました。

ベルリンだけでなくドイツ全土に言えることですが、湿度が日本のように高くないため、蒸し暑くありません。また気温も30度を越える程度なので、屋内や日陰では暑さを感じることはあまりないでしょう。そんなベルリンの夏ですが、その魅力はそれだけにとどまりません。夏は日没が遅く、7月では21:00過ぎても明るいほどです。そのため夏には夜遅くまで1日を有効に使うことができるのです。

今回は、そんな夏を満喫できるベルリンのベントを紹介したいと思います。ぜひベルリンで夏を満喫できるイベントを訪れてみてください。

目次

屋外で映画を楽しめるカルチャーフォーラムでの上映会
誰もが気楽にクラシック音楽を楽しめる「シュタット・オーパー・フォー・アーレ」
さまざまなイベントを楽しめる「ドラウセンシュタット・ベルリン」
ライトアップされた世界遺産を楽しめる「ポツダムの宮殿の夜

屋外で映画を楽しめるカルチャーフォーラムでの上映会

ベルリンでは夏になると、公園や広場などの屋外で映画が上映される屋外上映会が開催されます。そのうちの1つの会場が、文化施設が集まるカルチャーフォーラムです。そこは中世の絵画を展示する絵画館や工芸やデザイン作品を展示する工芸美術館がある場所。そんな文化施設の前に広がる広場で、毎年夏に屋外で映画が上映されるのです。屋外であるため開放感があり、いつもとは違った雰囲気の中で映画を楽しむことができるでしょう。星空の下に広がるスクリーン。そしてスクリーンの横に広がる街の夜景。街のざわめきと共に心地よい風も感じることができるではずです。このように特別な雰囲気の中で映画を楽しめるので、ぜひ一度ベルリンで映画の屋外上映会に訪れてみてください。

カルチャーフォーラムでの屋外上映 / Sommerkino Kulturforum Potsdamer Platz

アドレス: Matthäikirchplatz 4, 10785 Berlin
チケット : 11ユーロ/オイラインでの前売り、12ユーロ/当日券
開催期間 :2023年 6月7日〜8月26日(月曜から日曜まで。ただし上映しない日もあるため、スケジュールを要確認)
上映時間 : 21:45〜
Website : カルチャーフォーラムでの映画の屋外上映

誰もが気楽にクラシック音楽を楽しめる「シュタット・オーパー・フォー・アーレ」

ベルリンの夏の風物詩の一つに挙げられるのは屋外で開催されるクラシックコンサートです。それは「シュタット・オーパー・フォー・アーレ」です。開催するのはベルリン中心部にオペラハウスを構えるベルリン国立歌劇場です。毎年夏になると、週末の二日間に渡って劇場横の広場で屋外コンサートを開催するのです。クラシックコンサートやオペラはどうしても敷居が高く感じますが、こちらのコンサートは、全ての人のための国立歌劇場という名前を付けられており、気軽に参加できます。入場料もいらず、ドレスコードも気にする必要はありません。ですので、本場のクラシックコンサートを気軽に楽しみたい人には打ってつけのイベントと言えるでしょう。

シュタット・オーパー・フォー・アーレ / Staatsoper für alle

アドレス: ベルリン国立歌劇場 /Unter den Linden 7, 10117 Berlin
入場料 : 無料
開催期間 : 2023年7月8日(土)、7月9日(日)
Website : シュタット・オーパー・フォー・アーレ

さまざまなイベントを楽しめる「ドラウセンシュタット・ベルリン」

ベルリン市はコロナウィルスの感染が拡大して以降、屋内に人が集まらないように夏に屋外で楽しめるイベントの開催をサポートしてきました。コロナウィルスの影響が弱まった現在でも、夏の屋外でのイベントを支援しています。そんな市が後援するイベントは「ドラウセンシュタット・ベルリン」と名付けられており、一つのページにまとめられているのです。開催されるイベントは、コンサート、パフォーマンス、アートと多岐に渡ります。またベルリンの文化とも言えるクラブ音楽のイベントも開催されており、自分好みのイベントを見つけることは難しくないでしょう。そして驚くべきことに多くのイベントは無料となっているのです。ですのでイベントスケジュールを確認して、お気に入りのイベントを見つけて訪れると良いでしょう。

ドラウセンシュタット・ベルリン / Draussenstadt Berlin

アドレス: ベルリン各所
入場料 : イベントによるが多くは無料
開催期間 : 2023年の夏の期間
公式サイト: ドラウセンシュタット・ベルリン

多くのは博物館や美術館を楽しめる「博物館の長い夜」

ベルリンでは夏の終わりに開催される恒例のイベントがあります。それは「博物館の長い夜」と呼ばれるもの。そこではイベントに加盟している美術館や博物館を夜に訪れることができるのです。加盟しているのは70館もの文化施設。その多くは18時から深夜2時までオープンするのです。こちらのイベントのチケットは18ユーロであるため、2館を訪れれば、元を取ることができるでしょう。各施設では展示だけでなくコンサートなどの特別なイベントも開催しており、様々な形で楽しむこともできるます。多くの美術館や博物館を訪れたい人にとっては打ってつけのイベントでしょう。

博物館の夜 / Lange Nacht der Museen Berlin

アドレス: ベルリン各所
開催日 : 2023年8月26日18時〜
参加美術館・博物館及びプログラム : 7月下旬に発表
入場料 : 前売り12ユーロ(8月13日まで)、18ユーロ
<li公式サイト:

博物館の夜

ライトアップされた世界遺産を楽しめる「ポツダムの宮殿の夜」

ベルリンの隣町であるポツダムは、ベルリン中心部から電車で30分で訪れることができる町です。町には世界遺産にも登録されているサンスーシ宮殿があり、多くの観光客が訪れることでも有名です。そんなポツダムで毎年夏に開催されるのが「ポツダムの宮殿の夜」と呼ばれるイベントです。通常ではサンスーシ宮殿など周辺の建物は夜間に敷地が開放されておらず、夜景を眺めることはできません。しかしイベントでは多くの宮殿がライトアップされて、美しい光に彩られた姿を楽しむことができるのです。そんな場所ではコンサートなどのイベントが開催され、様々な形で楽しむことができます。昼間とは違う特別世界遺産の姿を楽しめるため、ぜひ訪れてほしいイベントです。

ポツダムの宮殿の夜/ Potsdamer Schlössernacht

アドレス: サンスーシ宮殿 / Maulbeerallee, 14469 Potsdam
開催日 : 2023年8月18、19日
入場料 : 46ユーロ
公式サイト: ポツダムの宮殿の夜

関連記事

【ベルリン】素晴らしい眺望が楽しめる戦勝記念塔
ベルリンから日帰り旅行で自然を満喫。ミューゲル湖を散策!
お得に無駄なく楽しむ、ベルリン観光1日プラン