作って食べて楽しもう!瀬戸内グルメの手作り体験7選

瀬戸内旅行で楽しみなものといったらやはりグルメという人も多いのでは?今回はそんな食いしん坊の皆さんにぜひオススメしたい、瀬戸内グルメの手作り体験ができるスポットのまとめです。広島お好み焼きから和三盆、醤油作りまで!瀬戸内でしか体験できない貴重な食べ物作りのアクティビティ、楽しんでくださいね。

 

【広島県】もみじ饅頭の手焼き体験

 

 

広島銘菓「もみじ饅頭」を、専用の機械を使って焼いてみましょう!

流し込んだ生地の中に餡を入れ餡の上からさらに生地を流し込み、表裏30秒ずつ計4回ひっくり返して焼いていきます。焼けたら別の台に移してボタンを押すと…あっという間に袋とじまで完成! 1時間もあれば手作りのもみじ饅頭ができちゃいますよ。チョコを入れるなどのアレンジも。

前日までに予約するのがベストですが、紅葉シーズン以外は空きがあれば当日の申し込みもOK。

みやじまん工房(宮島伝統産業会館内)
住所/広島県廿日市市宮島町1165-9
電話/0829-44-1758
http://www.miyajimazaiku.com

 

(広告の後にも続きます)

【広島県】広島駅でお好み焼き体験

 

 

広島県民のソウルフード「広島お好み焼き」。広島駅直結『お好み焼体験スタジオOKOSTA(オコスタ)』は、『オタフクソース』が運営する施設です。プロが使う本格的な鉄板で広島お好み焼きを作って食べる体験ができますよ!

薄く皮を焼いてキャベツをイン、ひっくり返して、最後にトッピング。一見難しそうなお好み焼き作りですが、OKOSTAでは、お好み焼士がサポートしてくれるので初めての方でも安心です。

お好み焼体験スタジオ OKOSTA(オコスタ)
住所/広島市南区松原町1-2 ekie内
最寄駅/JR広島駅北口から徒歩2分
https://www.otafuku.co.jp/laboratory/event/okosta.html