アクアラインきょう午後“値上げ” 日本初の「変動料金」で渋滞解消なるか その裏にある狙い

東京湾アクアラインで今日から、時間帯に応じて料金を高くしたり安くしたりする「ロードプライシング」が始まります。高速道路における定期的な変動料金は日本初。これで渋滞は解消されるのでしょうか。

逆に夜間は安くなるぞ!アクアライン変動料金

 きょう2023年7月22日(土)から、東京湾アクアラインで、時間帯により料金を変動させる「ロードプライシング」が始まります。きょうの13時から20時の間は、上り線(東京方面)の料金が上がります。

 混雑する時間帯を高く、空いている時間帯は逆に安くするなどして混雑を緩和するのが目的です。2021年の東京オリンピック・パラリンピック期間中に首都高で、マイカーなどの料金を1000円上乗せして混雑緩和を図る取り組みが行われたのも記憶に新しいところですが、値上げを伴う高速道路料金の変動が定期的に行われるのは日本初とみられます。

 アクアラインのロードプライシングは、ETC車を対象に土休日限定で、「上り線だけ」実施。平日は全日・全時間帯で普通車800円ですが、土休日13~20時は1200円になります。逆に20~24時は600円に割引されます。料金変動の対象は全車種です。なお下り線は変更ありません。

 土休日午後のアクアライン上り線は、千葉から東京・横浜方面へ帰るクルマが集中するため、かねて時差利用が呼びかけられています。千葉側の商業施設で使える時間限定のクーポンを配布するなど、様々な施策がなされてきました。

 ここでスポット的に値上げを行うことで、「料金が高くなる時間帯は利用を避けよう」「20時以降に安くなるならそれまで待とう」といった行動変容を促し、混雑緩和に有効な対策となる可能性があります。

「アクアラインの上り線は、混雑する曜日と時間帯がほぼ固定されている」と国土交通省高速道路課は話します。混んだり混まなかったりではなく、ほぼ確実に混むからこそ、“値上げ”を伴う日本初の取り組みの舞台になったようです。

(広告の後にも続きます)

アクアラインが試金石になるか 高速道路の「ダイナミック・プライシング」

 そもそも、ETC普通車で800円というアクアラインの料金も、国と千葉県の補助による割引で成り立っています。通常料金ならば普通車で3140円かかり、非ETC車は時間帯に関わらず通常料金が徴収されます。今回は、その割引額の調整で実施するロードプライシングというわけです。

 国土交通省によると、今回は千葉県が実施に積極的で、協力を得られていることも実現に至った背景として挙げました。

 アクアラインの割引料金は、2009(平成21)年から、期限を何度も延長して継続しています。この割引が、観光消費や企業の設備投資などによる大きな経済波及効果をもたらしているためです。1日の交通量は、割引前の2008年度とコロナ禍の影響を受けた2020年度を比べても約2.1倍に増加しています。

 現時点での割引の期限は2025年3月31日までですが、渋滞も慢性化するなかで、割引をいつまで続けるのか、という観点もあります。ロードプライシングの結果が、その見直しにもつながりそうです。

 他方、国は高速道路の渋滞状況に応じて、混んでいればそのルートの料金を高くするなどして迂回を促すような取り組みを、もっと機動的に実施したい意向です。その意味でも、今回のアクアラインはひとつの試金石になるでしょう。

 なお、アクアライン上り線でのロードプライシングの結果を受けて、国は下り線での実施も検討するとしています。下り線も、土休日の午前中を中心に混雑し、首都高湾岸線まで渋滞が延びることもあります。