日本じゃレア機「ボーイング757」に乗って“懐かしの極北の地”へ行けるかも! 米新興LCCが運航開始

これは乗りたみが深い機内!

757でかつての「乗り継ぎの聖地」へ

 アラスカに拠点を構える新たな国際線LCC(格安航空会社)、ノーザンパシフィック航空が2023年7月、商業運航を開始しました。最初の開設路線は、オンタリオ~ラスベガス線でしたが、同社は当初から日本路線への参入を計画しており、もし実現すれば、日本の航空・旅行ファンにとって珍しい経験が同社機で可能となります。

 同社が使用する旅客機は、ボーイング757-200。製造機数は1000機以上と好調な売上を記録したものの、日本の航空会社では採用されなかったモデルで、現在も日本に乗り入れてくるケースは、ごく一部の海外航空会社の便、もしくは外国の貨物便といった程度で、国内ではレア機に分類されます。また、すでに製造も終了しており、経年化により運用機数も徐々に減りつつあります。

 また、同社はニューヨーク、フロリダ、カリフォルニア、ネバダの各州の都市に就航し、アンカレッジを経由して日本と韓国への直行便を運航する計画を持ちます。このアンカレッジ空港は、日本発着の国際線の経由地として、一定年代以上の旅客には馴染み深い“懐かしの乗り継ぎの聖地”としても知られており、同社機が就航すれば、ここに経由地としても、目的地としても行くことができます。

 なお、現在同社が日本線の具体的な就航計画を出していないのは、ロシアとウクライナの戦争を契機としたロシア上空の空域閉鎖の影響をうけているためとされています。一方で公式サイトによると、承認が降り次第日本路線を開設する意向は変更されていないようです。

 ただし、使用する旅客機に関しては、業務拡大につれ、数年以内にボーイング737MAXやエアバスA321XLRといった新型機の導入も検討するとも。日本人がアンカレッジ、またはアンカレッジ経由でアメリカへ手頃な価格で旅行できる可能性は色濃く残る一方で、そのときには、757の後継機での運航に切り替わっている可能性も否めません。

(広告の後にも続きます)

【動画】良さげだぞ! ノーザンパシフィック航空初便の機内