浅草駅の3・4番ホームから眺めた「スペーシアX」専用の5番ホームのイメージ

東武鉄道は2023年7月15日の新型特急 N100系「スペーシアX」デビューにあわせ、東武スカイツリーライン「浅草駅」、東武日光線「東武日光駅」のリニューアルを行います。

浅草駅では「スペーシアX」の発車番線となる5番ホームやコンコースを改修。設計を乃村工藝社、施工を清水建設・東武谷内田建設共同企業体が担当し、日光の自然や荘厳さを感じさせる木目調の装飾と光の演出を多用したデザインとします。

東武日光駅では1、2階部分の改札外コンコース吹き抜けや待合室などが改修されます。吹き抜け部分に日光東照宮の豪華絢爛さを表現した真鍮風の装飾や木目調の装飾をあしらうことで、両駅がつながり統一感のある空間を演出します。

駅舎リニューアルにともない、東武鉄道としては初めての取組として、社有山林で切り出された間伐材を駅のベンチなどに使用します。また、浅草駅の壁面および東武日光駅のベンチや壁面には栃木県産材の大谷石や芦野石を使用。環境配慮や地域産材の活用により、沿線の魅力発信や沿線の価値向上に取り組みます。

【画像】浅草駅5番ホームや東武日光駅改修イメージ


木のルーバーを採用した浅草駅5番ホーム


東武日光駅の待合室リニューアルイメージ


東武日光駅吹き抜けのリニューアルイメージ

(画像はいずれも東武鉄道リリースから)