イベントを楽しむ、多くの親子連れ・ファミリー層の姿が!

今回のイベントは、鉄道が好きという鉄道ファンだけでは無く、社会科見学といった感じで色々なものを見て回る小さなお子さんを連れているファミリー層や、シニア層を連れた方々の姿を多く見かけ、それぞれが自分たちのペースで楽しんでいました。地元住民用の優先入場枠を設けているという事や、列車ツアーの実施なども理由の一つだと思われますが、幅広い層に告知も行きわたっていたのでしょう。広いイベント実施スペースの多くが屋根に覆われていたため日差しを避けて楽しむことができる(たとえ雨が降っても多くの催しを楽しめます)ことや、休憩をするための椅子・スペースが多く用意されていたというのも、来場したファミリー層にとってはポイントが高くかったように感じました。このイベントは、ステージイベントもあったり、普段の車両検修場という場所の特性を生かした展示物もたくさん用意されていたので、1万人という入場人員の多さを全く感じることなく見て回ることができました。(人数はちょうど良いという感じで、大幅に増やすのは難しいかもしれません。更に人気になった場合には、500~1,000円程度など少額の入場料を徴収しても行きたい人は多いだろうという感じは受けました。)また会場へのアクセスという面でも、最寄りの高麗駅からの徒歩アクセスの他に、飯能駅との間に5分おきのバス輸送が用意されているというのも、参加者にとっては非常にうれしいと感じました。

コロナ禍からの復活の過程で、今回のような「鉄道イベント」は、従来の鉄道ファン以外にも子供連れのファミリー層を中心に人気が続くであろうという気がします。入場時や飲食オーダー時に想像以上に待たされたり、休憩するための場所が不足するなどという事が無く、幅広い年齢層の参加者が皆楽しんで帰ることができるようなような、参加者に優しいイベントの運営を、今後も期待しています。

(写真: 鉄道チャンネル)

関連記事 : 鉄道社員手づくりの催しに笑顔 「よこすかYYのりものフェスタ2023」盛況に開催(神奈川県横須賀市) | 鉄道ニュース | 鉄道チャンネル (tetsudo-ch.com)

こんな記事も : ハリー・ポッター新施設 日本にしかない「魔法省」セット! 6/16オープン「ワーナー ブラザース スタジオツアー東京」(豊島園駅 , 東京都) | 鉄道チャンネル (tetsudo-ch.com)

こんな記事も : ワンランク上の豪華な日光観光を!伝統と革新の新型特急車両 東武鉄道スペーシアX 【ゲストトーク解説・前編】 | 鉄道ムービー | 鉄道チャンネル (tetsudo-ch.com)