西武鉄道が実施する鉄道関連のイベント「西武・電車フェスタ2023 in 武蔵丘車両検修場」が、6/3(土)に開催されました。

ようやくコロナ前の1万人規模での実施か可能に!

今回のイベントは基本的に入場無料ですが、事前に申し込みをした人のみが参加できる形式で実施されました。2022年にはコロナ禍で入場人数を5,000人に制限をし、今年はその2倍となる約10,000人というコロナ前の程度まで参加可能人数を増やしての開催としましたが順調に先着で10,000人枠が埋まる申し込みがありました。会場へのアクセスは、西武鉄道池袋線の高麗駅から徒歩でのアクセスとともに、飯能駅からイベント会場までの無料バスでのピストン輸送でのアクセスが用意されていました。

(広告の後にも続きます)

会場直通の特別ツアー列車も運行されました

今回のイベント会場に直通する特別ツアー列車として、普段は直通運転をしない豊島園駅からの「特急レッドアロー号で行く!親子で西武・電車フェスタ直通ツアー」と、新所沢駅から通常運行しない新宿線を走行する「2069Fで行く!西武・電車フェスタ直通ツアー」の2つのツアー列車が運行されました。「2069Fで行く!西武・電車フェスタ直通ツアー」に使用された西武2000系2069F編成車両は、西武鉄道創立110周面記念トレインとして2023年1月24日より運行されているもので、西武鉄道の前身である武蔵野鉄道の車両「デハ5560系」をモデルカラーとして茶色塗装されたものです。


募集に対して満員となる乗客188名での運行となりました

フェスタの来場者達も特別な列車を記念に撮影しています。