日本屈指の大鍾乳洞「秋芳洞」や、関門海峡グルメを味わえる「唐戸市場」、壮大な邸宅が博物館となっている「毛利博物館」など、雨の日でもデートを楽しめる、山口のおすすめスポットをご紹介します。

1. 秋芳洞


photo by ねむねむさん

日本最大級のカルスト台地である「秋吉台」の下に広がる、総延長約10kmの日本屈指の大鍾乳洞。国の天然記念物に指定されています。観光用に公開されているのは約1kmほどですが、じっくり楽しむと1時間以上はかかるでしょう。


photo by YNHRさん

秋芳洞といえば、お皿をしきつめたような「百枚皿」が有名。段丘を流れる水の石灰分が長い年月をかけて波紋の形にかたまったもので、実際には500枚以上あると言われ、世界でも類を見ないと言われる規模の大きなものです。

また洞内の温度は、1年を通して17度と一定となっているため快適!天気や気温に関係なく、ゆっくりと観光を楽しめますよ。

◆関連記事◆
3億年かけて作られた神秘の洞窟、山口県・秋芳洞
【山口】日本屈指の鍾乳洞「秋芳洞」で涼しい夏を楽しもう
【スポット情報】

秋芳洞

(広告の後にも続きます)

2. 下関市立しものせき水族館 海響館


photo by 山野海さん

地下1階から4階までの5フロアからなり、総水量2,400トン、65の水槽に500種20,000点の海の生き物たちを展示しています。

海響館の見どころのひとつが、国内外から集められたフグの仲間たち。トラフグをはじめ、黄色が特徴的なコンゴウフグ、オーストラリア南部などに生息するハリセンボンの仲間「ポーキュパインフィッシュ」など、100種類以上のフグの仲間たちを見られます。

このほか、イルカとアシカの息があったパフォーマンスが見られるアクアシアターもおすすめ。屋外ステージになりますが、観客席には屋根があるので雨の日も安心です。

◆関連記事◆
山口県の人気観光スポットTOP20!旅行好きが行っている観光地ランキング
【山口】1泊2日で下関を散策!「フグと歴史の街」観光モデルコース
【スポット情報】

下関市立しものせき水族館 海響館