「コーナリングランプ」って知ってる?

走行中の車
@lassedesignen/stock.adobe.com

1980年代から2000年頃まで、高級車(主にセダン)を中心に「コーナリングランプ」というものが装備されていました。

正式には「側方照射灯」と言い、ウインカーランプと連動して、車の側方を照らし、夜間に見やすくするための装備だったのですが、最近の車ではすっかり姿を消してしまいました。

街灯の少ない住宅街や山道などでは重宝する装備なのですが、なぜコーナリングランプは無くなってしまったのでしょうか。

(広告の後にも続きます)

コーナリングランプの役割は?

車のライト
@shutter81/stock.adobe.com

前述の通り、コーナリングランプには車の側方を照らす役割があります。方向指示器(ウインカー)作動しているときに点灯する仕組みです。

夜間の交差点手前でウインカーランプを点灯させると、コーナリングランプによって曲がりたい方向が明るく照らされるため、障害物や歩行者などの発見に大きく寄与します。

保安基準では、「方向指示器が作動している場合に限り、該当する方向指示器が動作している側だけが点灯すること」「取り付け部より40mから先の地面を照射しない」といった、動作や照射範囲についての規定がなされています。

色は平成17年12月31日以前の製造車では白色か淡黄色、それ以降の車は白色と決められています。硬度は5000カンデラ以下です。

ゴールド免許は再取得するのが難しいってホント?警察関係者の説明に納得