OpenAIが開発した「Chat GPT」の登場により、大手IT企業はAIの開発を急ピッチで進めている。特に顕著なのが、AmazonやAdobe、Googleなどのアメリカ企業だ。

そこで今回は、大手IT企業が発表した最新のAIサービスを3つ紹介する。AIに興味がある人は、ぜひ本記事を最後まで読んでみてほしい。

■Amazon:「Amazon Bedrock」

米Amazonは4月13日、クラウドサービスAWSを通じて、文章や画像を作り出す生成AIの技術を提供すると発表した。AI新サービスの名は「Amazon Bedrock」である。

このサービスは一般向けに提供するのではなく、ビジネス向けの一部ユーザーのみにアプローチするようだ。つまり、Chat GPTのような一般向けサービスとは用途が差別化される。

また、米Amazonは13日に、独自の大型言語モデルを2つ発表した。1つは「Titan」と呼ばれる言語モデルで、コンテンツの要約や文章の下書き、質疑応答などに対応するため、膨大な量のテキストを学習させたようだ。

1つはテキスト作成用で、もう1つはウェブ検索の最適化などに活用されるとのこと。AWSの担当者であるスワミ・シバスブラマニアン氏は「Amazonはこの分野に長期にわたり取り組んできた」と説明している。詳しい機能性については、まだ公表されていない。

(広告の後にも続きます)

■Adobe:「Adobe Firefly」

世界最高峰のクリエイティブアプリ・サービスとして世界的に利用されているAdobeは、3月に創造性と生産性を進化させたAIサービス「Adobe Firefly」を発表した。このAIサービスは、画像やテキストエフェクトの生成が感覚的に行えるというものだ。

3月にAdobe公式が投稿したYouTube動画「Adobe Firefly: Family of New Creative Generative AI Models」にて、操作性や機能性が簡単に紹介されている。サービスの概要については、この動画を視聴したほうが理解できるだろう。

現在はベータ版として提供されており、今後はAdobeのクラウドサービスに直接搭載され、より感覚的にコンテンツの作成や修正を行えるようになるとのこと。

本サービスは創作活動に大きな影響を与えると予想されているため、企業やクリエイターたちは今後の本リリースに注目している。