7位:はままつフルーツパーク時之栖


photo by さーたんさん

いちごやさくらんぼなどの定番から、イチジクやアケビなどの珍しい果物まで、年間約15種類の果物の収穫が楽しめます(採った分を量り売り)。そのほか、ワイナリーやワイン工場の見学、ワイングラスの名入れ体験、バーベキュー、レストラン、フルーツをモチーフにした遊具、そして期間限定の噴水ショーと一日を通して楽しめます。

◆関連記事◆
浜松の人気観光スポットTOP20!旅行好きが行っている観光地ランキング
【スポット情報】

はままつフルーツパーク時之栖

(広告の後にも続きます)

8位:浜名湖パルパル

浜名湖畔にあるリゾート型遊園地。可愛らしい乗り物から絶叫系まで30種類以上のアトラクションがあり、子供も大人も楽しめます。また園内に隣接して「かんざんじロープウェイ」乗り場があり、約5分間の空中散歩を楽しんだ先には、360度の浜名湖大パノラマが広がる大草山展望台や浜名湖オルゴールミュージアムもあるので、ぜひ合わせて楽しんで。

◆関連記事◆
浜松の人気観光スポットTOP20!旅行好きが行っている観光地ランキング
【スポット情報】

浜名湖パルパル

9位:浜名湖ガーデンパーク


photo by reomamaさん

2004年に開催された「浜名湖花博」の会場を利用した緑ゆたかな公園。西側エリア、街のエリア、里のエリアの3つのエリアからなります。


photo by tu_chan@さん

可愛い花や自然を眺めながらの「ガーデンクルーズ」や、画家クロード・モネがフランス・ジヴェルニーに造った庭をモチーフにした庭がある「花の美術館」、最上階の展望室からは園内や浜名湖を一望する景色が楽しめる高さ50mの「展望塔」などの見どころがあります。

◆関連記事◆
浜松の人気観光スポットTOP20!旅行好きが行っている観光地ランキング
【スポット情報】

浜名湖ガーデンパーク

(広告の後にも続きます)

10位:弁天島海浜公園


photo by み_かさん

湖上に浮かぶ高さ18mの赤い鳥居がシンボルとなっている海浜公園。ヤシの木がそびえる園内はまるで南国リゾートのようで、のんびり散歩をするのにおすすめです。またレンタサイクルのターミナルがあるので、浜名湖周遊サイクリングの出発点にすることも可能。JR弁天島駅から歩いて3分とアクセスもよく、夏には海水浴や潮干狩りをする人たちで賑わいます。

◆関連記事◆
浜松の人気観光スポットTOP20!旅行好きが行っている観光地ランキング
【スポット情報】

弁天島海浜公園

11位:浜名湖サービスエリア 上下集約

東名高速道路にある、東京方面・名古屋方面の上下線で施設を共有する集約型のサービスエリアです。一般道からも利用できる「ぷらっとパーク」にもなっています。

「湖の見えるフード館」では、浜名湖産の鰻をはじめ地元ブランドの食材を使った料理が楽しめるほか、奥浜名湖の半島の先端にあるため、展望広場からは青く美しい浜名湖を一望できます。また「恋人の聖地」となっており、「幸せの鐘」やハートの形の南京錠を湖を臨むフェンスにつけて愛を誓うことのできる「浜名湖ハートロック」があります。

◆関連記事◆
浜松の人気観光スポットTOP20!旅行好きが行っている観光地ランキング
【スポット情報】

浜名湖サービスエリア 上下集約

11位:航空自衛隊浜松基地広報館 エアーパーク


photo by ととべえさん

普段あまり目にすることのない航空自衛隊の航空機を、間近に見て体験できる施設。一番の見どころである航空機の実物展示では、実際に操縦席に座ることができる航空機があり、またフライトスーツの貸し出しも行っているので、パイロットになりきって操縦シーンを写真におさめることができます。


photo by ととべえさん

そしてフライト・シュミレーターでは、揺れも再現された本格的なパイロット体験が可能。

◆関連記事◆
雨の日でも無料で楽しめる!航空自衛隊浜松広報館エアーパーク
【スポット情報】

航空自衛隊浜松基地広報館 エアーパーク

13位:龍潭寺

「龍潭寺(りゅうたんじ)」は、2017年に放送されたNHK大河ドラマの主人公、井伊直虎ゆかりのお寺です。歩くとキュッキュと鶯の鳴き声のような音がする鴬張りの廊下、木彫りの龍、そして国の名勝に指定されている日本庭園が大きな見どころです。

水を張った池がある庭を建物から鑑賞する「池泉鑑賞式(ちせんかんしょうしき)」の庭園で、春のさつき、6月のアジサイ、秋の紅葉と四季折々の風景を楽しむことができます。

◆関連記事◆
井伊直虎ゆかりの浜松【龍潭寺】 国指定名勝の庭園と歴史の魅力
【スポット情報】

龍潭寺

14位:浜名バイパス

浜松市西区〜湖西市を結ぶ、総延長12.7kmの国道バイパス。遠州灘を望みながら走れる爽快なドライブコースで、特に浜名湖と遠州灘を結ぶ「今切口」周辺は、浜名湖と遠州灘を同時に眺められる絶景ポイント。

今切口には美しいアーチ型の「浜名大橋」が架けられ、この橋を望むなら10位にランクインした弁天島海浜公園からがおすすめ。弁天島の観光シンボルとして海の中に建てられた赤い鳥居と共に、優美な浜名大橋を眺めることができます。

【スポット情報】

浜名バイパス

15位:浜名湖オルゴールミュージアム


photo by Ippukucho

浜名湖を一望できる大草山の山頂にある「浜名湖オルゴールミュージアム」。19世紀~20世紀初頭のオルゴールをはじめ、フェアグランドオルガン、蓄音機など様々な自動演奏楽器が約70点展示されています。

館内では、毎時00分~20分と30分~50分の1時間に2回、自動演奏楽器の実演を行っており、繊細で美しい音色を実際に聴くことができます。また手づくり体験工房で、オリジナルのオルゴールを製作するのも人気のアクティビティです。

◆関連記事◆
静岡のおすすめ博物館・資料館14選!人気の博物館を一挙紹介
【スポット情報】

浜名湖オルゴールミュージアム

15位:浜名湖遊覧船

浜名湖を周遊する3つの遊覧コースを運行しています。日中の爽快なクルーズはもちろん、美しい夕景が楽しめるサンセットクルーズも人気。波が起きにくく穏やかな湖は、キラキラと輝く水面がとても美しく、船内で流される浜名湖の解説を聞きながら船上からの絶景が楽しめます。

◆関連記事◆
浜松の人気観光スポットTOP20!旅行好きが行っている観光地ランキング
【スポット情報】

浜名湖遊覧船

17位:ネオパサ浜松 下り

ヤマハやカワイ、ローランドといった世界的に有名な楽器メーカーが集中している浜松市らしく、「音のある風景」をコンセプトに作られたサービスエリア。上下線共に、館内にローランドの電子ピアノやキーボードの電子楽器・機器が置かれたミュージック・スポットがあり、訪れた人が自由に演奏を楽しめます。またほぼ毎週、上下線のどちらかでミニコンサートも開催されています。


うな丼1609円

そしてNEOPASA浜松ではグルメも見逃せません!テレビ番組でも紹介された「ハースブラウン」のプレミアムメロンパンや、フードコートの「うな濱」でいただける地元浜名湖産の鰻を使用したうな丼など、注目のグルメが目白押しです。

◆関連記事◆
休憩の合間に演奏体験やご当地グルメを堪能!【静岡】NEOPASA浜松(下り)の魅力
【スポット情報】

ネオパサ浜松 下り

18位:曹洞宗 秋葉山 舘山寺


photo by み_かさん

舘山寺温泉の名称の由来となっているお寺で、810年に空海によって創建された古刹です。

温泉街が見渡せる舘山の中腹、標高約50mの位置にある境内には、舘山寺の本堂の他、愛宕神社も併設されています。山頂には舘山寺大菩薩(聖観音菩薩)が建立されており、見どころ豊富なお寺です。

◆関連記事◆
【静岡】歴史も自然も!浜松の名所巡り10選
【スポット情報】

曹洞宗 秋葉山 舘山寺

※本記事のランキングは、トリップノートのアプリでトラベラー会員が登録した「行ったスポット」のデータ(2023年4月時点)を元に算出しています。