磐梯山(ばんだいさん)の麓に位置するリゾートホテル「星野リゾート 磐梯山温泉ホテル」と、JR東日本社は、2023年5月~7月の第4金曜日に「福島の福」をテーマにした特別列車「福がくるくるフルーティア」を運行することを発表しました。


「福がくるくるフルーティア」イメージ  (写真:星野リゾート)

この列車は、走るカフェがテーマの列車「フルーティアふくしま」と磐梯山温泉ホテルがコラボレーションした特別列車です。「福がくるくるフルーティア」というネーミングは「福が来る」という意味と共に、「会津三縁起」の一つの「かざぐるま」がくるくると回る様子も表しています。

反響の多かった特別列車を、ラストイヤーに再運行

「福がくるくるフルーティア」は2022年11月に限定で運行した特別列車でしたが、多くの反響をいただいたため、2023年も5月~7月の第4金曜日(*1)に運行することが決まりました。フルーティアふくしまの車両は2023年12月をもって運行が終了することが発表されていますので、ラストイヤーとなります。より特別なものにしてほしいという想いから、フルーツティーづくりや、JR東日本のスタッフと磐梯山温泉ホテルスタッフによる「いっぷくトーク」などの新たなサービスを加えてパワーアップして運行のとなります。(*1 9月以降も運行予定です。詳細は後日発表します。)

(広告の後にも続きます)

車内では 福島の縁起物をイメージしたスイーツセットを


上:5種のミニャルディーズ / 下:季節のフルーツタルトのイメージ (写真:星野リゾート)

車内では、磐梯山温泉ホテルが開発したオリジナルのスイーツ2種類が提供されます。スイーツが盛られる器は、地域の縁起物をモチーフにしており、美味しいものを食べて幸せになってほしいという想いが込められています。

最初は、福島の銘菓やあんぽ柿などの地域で親しまれている味を洋菓子としてアレンジした「5種のミニャルディーズ(一口サイズの菓子)」で、器は、「会津三縁起」のひとつとして地域に親しまれている「かざぐるま」の羽をイメージしたものです。

次は、メインとして「季節のフルーツタルト」が提供されます。器は赤べこがタルトを背負っているように見えるフォトジェニックな形で、見た目も楽しい一品です。

フリードリンクコーナーでは、ゲスト自身が好みの茶葉とドライフルーツを組み合わせて行うフルーツティーづくり体験です。紅茶、ルイボスティーなどの茶葉と、いちごやりんごなど季節に合わせたドライフルーツを掛け合わせ、お好きな味で楽しめます。