LPG/重油“どっちも使えるエンジン”のLPG運搬船 環境負荷はどれほど低減? 川崎重工

大型船の使う燃料も多様化。

大幅な環境負荷低減が見込める大型LPG船

 川崎重工業は2023年3月31日、LPG(液化石油ガス)燃料推進LPG運搬船「CAPTAIN MARKOS」(4万9976総トン)を引き渡しました。

 LPGと低硫黄燃料油を燃料に使用できるLPG二元燃料LPG運搬船。貨物倉の容積は8万4274 立方メートルです。従来の8万4000 立方メートル型LPG運搬船にLPG二元燃料エンジンを採用した新船型としては7番船にあたり、川重が引き渡したLPG運搬船としては70隻目になります。

 上甲板にLPG燃料タンクを装備することで、貨物とは別に燃料用のLPGを積載することができるほか、LPG燃料タンクはカーゴタンクと配管で接続しているため、必要に応じてカーゴタンクからLPGを移送し、燃料として使用することが可能だそうです。

 近年、船舶の排出ガス規制への有力な対応策として、重油の代わりに液化ガスを燃料とする船舶の導⼊が世界的に進んでいるといいます。この船は従来船と比較し、LPG燃料化と船型改良により

 削減できるということです。