魅力満点!国内外のクラシックカー5選

シボレー インパラ

シボレー インパラ
Jack Snell CC BY 2.0 出典 : https://www.flickr.com/

インパラは、1958年にゼネラルモーターズがシボレーブランドで発売した車。1958〜1964年モデルは人気が高く、ローライダーと呼ばれるカスタムを施すことが多い車です。

インパラの特徴は、5mを超える大柄なボディと非常にパワフルなエンジン。初代からV8・5.7Lのエンジンを搭載しており、”大きくて力強い”アメリカを象徴する車のひとつといえます。

シボレー・インパラまとめ|中古車価格と燃費等維持費や67年式とレストアからカスタムまで

ポルシェ 911(901型)

ポルシェ 911(901型)

1964年に登場したポルシェ911(901型)。現在までRR方式を貫いており、スポーツカーの最前線に立ち続けています。

993型までは「空冷モデル」であり、ポルシェのトレードマークの一つである空冷エンジンを搭載していました。しかし、996型からは水冷エンジンへと変更されており、空冷モデルの価格は年々高騰しています。

「さすが紋章を持つ車」ポルシェの1/3は中国で売れるが、工場は作らない理由とは

MG MGB

MG MGB
©︎art_zzz/stock.adobe.com

モーリスガレージ(MG)が1962年に販売し、1980年までに50万台以上を売り上げたオープン2シーター。ライトウェイトスポーツカーの代名詞的存在です。

比較的安価であり、維持もしやすいことから、クラシックカーの入門車種と言われることもあります。

日産 スカイライン(ハコスカ)

日産 スカイライン2000GT-R
日産 スカイライン2000GT-R

日産とプリンスの合併後、初めての新規モデルとして発売されたのが3代目スカイライン、通称「ハコスカ」です。

1968年に3代目スカイライン(C10型)が登場し、翌年追加されたPGC10型は、あの有名なスカイライン2000GT-R。これ以降「GT-R」という名は、最高の走行性能を持つグレードに冠されるようになりました。

現在でも人気は衰えることなく、特にハコスカGT-Rの値段は1,000万円を超えます。

スカイラインGT-Rと日産GTRの歴史!ハコスカ・ケンメリの特徴も振り返る

トヨタ 2000GT

トヨタ 2000GT
トヨタ 2000GT

トヨタが世界に誇る2000GT。1967年に発表され、1970年までに337台しか生産されなかった「幻の名車」です。

当時の欧州スーパーカーにも劣らない性能を誇った2000GTは、スピードトライアルにて3つの世界記録と13の国際新記録を樹立。海外のコレクターも認める名車中の名車です。

トヨタとヤマハの初タッグ作「廉価版が初代スープラだった?」トヨタ2000GT【推し車】

(広告の後にも続きます)

クラシックカーを購入する場合の注意点

クラシックカーをメンテナンスする男性
©︎Anze/stock.adobe.com

上記以外にも魅力的なクラシックカーは多数存在しますが、現代の車と同じ感覚で購入すると後悔してしまうかもしれません。

そもそも、クラシックカーは製造から数十年経過しているため、部品の欠品は当たり前。入手できない部品は、他車の部品を改造して流用するなど、部品調達にも相当手間がかかります。

また、日本では初度登録から13年が経過すると、自動車税や自動車重量税も高くなるため、税金の負担も増えてしまいます。

さらに、現代の車のようなメンテナンスフリーではなく、日頃から丁寧なメンテナンスが必要。『故障や不具合は当たり前』という感覚を持ち、”故障を楽しむ”くらいでなければ、クラシックカーの維持は難しいかもしれません。

13年経過の車は「環境に悪い」から税金が高い

「愛車を大切にすると重税?」13年経過の車に重課税される根拠って結局何?

知らず知らずにクルマの寿命を縮めている!?かもしれないNG行為

「自ら車の寿命を縮めてないですか?」知らずにクルマの寿命を縮める行為3個

立体エンブレムはどう生まれ、なぜ消えたのか

高級車あるあるだった立体エンブレムが少なくなった理由はやっぱりアレが原因