「クレジットカード一体型のETCカード」は絶滅したってホント?

ETCカード
©umaruchan4678/stock.adobe.com

高速道路をはじめとする有料道路の出入り口にはETCレーンが増えつつあり、スムーズな利用や割引を受けたいなら、ETCカードは必須といえます。

従来は、クレジットカードの契約時または契約後に申し込みをして、クレジットカードにETCカードの機能を追加した「ETC機能付きクレジットカード(一体型)」を作ってもらったりするケースが一般的でした。

しかし、現在はETC機能付きのクレジットカードの発行ができなくなっています。

これは、2018年6月に「改正割賦販売法」が施行されたことに伴い行われた、クレジットカード番号等のセキュリティ対策のためです。

(広告の後にも続きます)

クレジットカードがなくてもETCカードは作れる

高速道路のETC専用料金所
@MP_P/stock.adobe.com

ETCカードは、有料道路の利用料金を後払いで清算するため、クレジットカードの契約時または契約後に付帯カードとして申し込みをするのが一般的です。

しかし結論から言うと、ETCカードはクレジットカードがなくても作ることが可能です。

クレジットカード審査に通らない人や、クレジットカードを持っていない人でも、「ETCパーソナルカード」を発行すれば、ETCを利用することができるのです。

「正しい合流なのにクラクションを鳴らされた」高速道路でモヤッとしたエピソード