「RX-7なんて3代同じ」という人もいるが、実はスゴイこと

マツダミュージアムに展示されている3代目「アンフィニRX-7」

「リトラクタブルライトの3ドアファストバッククーペ、フロントミッドシップ、最後は3ナンバーボディになってワイドトレッドだけどホイールベースはほとんど一緒、デザインや足回り、エンジンはそりゃ違うけど、RX-7なんて3代とも同じようなもんでしょ?」

身もフタもない言い方をする人にかかってはこんな評価を受ける事もありますが、実はコレってスゴイことなんです。

マツダって2012年の初代CX-5や3代目アテンザに始まる通称「第6世代」からはコンセプトが各モデル一貫するようになり、誤解を恐れずにに言えば「どれに乗ってもマツダ、外から見てもマツダ」になりましたが、それ以前はバラバラでした。

特に1990年代まではモデルチェンジすると先代からガラリ変えなきゃダメという妙なこだわりがあったらしく、1978年に発売された初代SA22Cから、2002年に生産を終える3代目FD3Sまで「同じ」コンセプトを貫いたマツダ車なんてRX-7くらいなものです。

それだけ純粋、純血のスポーツカーなんて国産車ではほとんどなく、ロータリーそのものは次のRX-8(2013年販売終了)で終わり、後は発電用でしか残らないと思いますが、RX-7が続けたFRピュアスポーツの志は、今もロードスターで生きていると思います。

(広告の後にも続きます)

開発スタートは早すぎず遅すぎない最高のタイミング

走りに特化したピュアスポーツということは、このデザインひとつとっても疑いなく信じられる

3代目FD3S型RX-7の開発スタートは1986年秋、2代目FC3S発売からわずか1年後でしたが、スタート時期がそのタイミングだったのは、ある意味幸運だったかもしれません。

その前年、1985年9月には先進5カ国の財務大臣・中央銀行総裁会議によって、詳細は省くものの円高ドル安の進行を容認する「プラザ合意」を発表。

これで日本は主要市場であるアメリカで、極端な貿易黒字解消のため各種日本製品の価格引き上げ要因となり、日本車もそれまでの「安くてよく走るクルマ」から、「高価格高品質路線」への質的転換を要求されるという、歴史的な出来事でした。

おかげでその時期に発売されたスポーツカー、マツダなら2代目サバンナRX-7(FC3S)や日産の3代目フェアレディZ(Z31)はモデル途中で価格に見合った高級スペシャリティカー路線も要求されますが、基本コンセプトから急に転換できず苦労した頃です。

その後に計画がスタートしたFD3Sは最初から高品質・高性能路線でイケましたし、もう少し後だったならば、その後のバブル景気の調子の良さに乗った高級スペシャリティカー的な要素まで求められ、縮小版ユーノスコスモやMX-6ロータリー版になったかもしれません。

また、それらの隙間で生み出された「もう1つのFRスポーツ」、ロードスター(初代NA型)が存在したことで、2代目に存在したようなRX-7カブリオレ(FC3C)も作らず済みました。

<悲劇>流行った下ネタと同じ名前だった車も…名前で損してそうなホンダ車たち【推し車】