トヨタ「ハリアーハイブリッド」デビュー。進化版THSⅡによって、燃費もパワーも強化【今日は何の日?3月22日】

■人気のハリアーに最新のハイブリッドTHS IIと電動4WDを追加


2005年にデビューしたハリアーハイブリッド

2005(平成17)年3月22日、トヨタから新開発のハイブリッドシステムを搭載した「ハリアーハイブリッド」が発売されました。

ハイブリッドシステムは、「プリウス」で開発されたTHSを進化させたTHSⅡで、さらに電動4WD“E-Four”が設定されていることも注目されました。

●都会派の上級SUVというジャンルを開拓したハリアー


1997年に誕生した初代ハリアー。上級SUVのパイオニアとして大ヒット

1997年にデビューした初代ハリアーは、「カムリ」をベースにモノコックボディの流麗なスタイリングと、セダンにも負けない広々した快適な室内空間によって、高級感を演出。

装備についても、ワイドマルチディスプレイ、オプティトロメーター、キーレスエントリーなどを標準化し、高級車の定番である本革シートも設定されました。

一方、最低地上高は185mmを確保、アプローチアングル28度、デパーチャーアングル23度と、オフロード走行にも対応可能。

パワートレインは、2.2L直4 DOHCエンジンおよび3.0L V6 DOHCエンジンの2機種と、電子制御4ATの組み合わせ。駆動方式はFFとセンターデフ式4WDが用意されました。

高級セダンと4WDのいいとこ取りをした高級SUVのハリアーは大ヒット、翌年には米国でもレクサス「RX」と名乗って大ヒット。ハリアーは、世界中のSUVに大きな影響を与え、高級(プレミアム)SUVというジャンルを確立したのです。

●進化したTHSIIで燃費と走行性能を両立

新たにラインナップに加わったハイブリッドハリアーのハイブリッドシステムは、プリウスで開発された「THS(トヨタハイブリッドシステム)」を進化させた「THSII」で、燃費に加えてパワーも強化されました。


ハリアーハイブリッドのリアビュー

211PSを発生する3.3L V6エンジンに、167PSのフロントモーターと68PSのリアモーターを組み合わせたシステムに、さらにモーターのトルクを増幅するリダクション機構を使って、フロントモーターはプリウスの2倍以上のトルクを発生。また、リアモーターを状況に応じて駆動させる「E-Four(電気式4WD)」を設定していることも注目です。

トヨタは、1997年にTHSを搭載した初代プリウスの発売以降、システムの高効率と低コスト化の両立を目指して進化させ、一方でミニバン、SUV、高級車、コンパクトカーと、モデルごとにそれぞれの特徴に合わせてTHSを最適化させています。

●電動4WDのE-Fourで前後輪の駆動力を最適化


2001年デビューのエスティマハイブリッド。電動4WD”E-Four”を初めて搭載

ハリアーで搭載されたハイブリッド4WD“E-Four”は、2001年に「エスティマハイブリッド」で初めて搭載されました。通常のハイブリッドの前輪を駆動するエンジンとモーター/ジェネレーター(M/G)に加えて、後輪もM/Gで駆動する電動4WDです。

発進時や全開加速時には、前後モーターが駆動する4WDで、エンジン出力をサポートして力強い発進加速を達成。また、悪路や雪路などで前輪がスリップした場合も、瞬時にリアモーターが駆動して4WDになります。一方、通常走行では、エンジンとモーターで走行するFF駆動のハイブリッド運転によって低燃費を実現します。

ハイブリッドで燃費だけを追求する時代は、もう終わりました。ユーザーに満足してもらうためには、燃費とともに走行性能もレベルアップしなければいけません。トヨタも含めて最近のハイブリッドは、その方向に舵を切っています。

毎日が何かの記念日。今日がなにかの記念日になるかもしれません。

(Mr.ソラン)