ヒョンデ「ソナタ」がモデルチェンジレベルの大幅改良へ。モデル初の全輪駆動採用

■フロントエンドは、流行のスリムな全幅LEDデイタイムランニングライトバーを配置

先日、ヒョンデの欧州Dセグメントセダン「ソナタ」改良型のプロトタイプをカメラが捉えましたが、情報を元にその予想CGが制作されました。


ヒョンデ ソナタ 改良型 予想CG

ソナタは1985年から販売されているヒョンデの主力モデルで、8代目となる現行型は2019年に登場、これが初の大幅改良となりますが、かなりの大掛かりなデザイン変更が期待されています。


ヒョンデ ソナタ 改良型 予想CG

そのフロントエンドは、現行型の釣り上がるヘッドライトの間に、全幅のスリムなLEDデイタイムランニングライトバーを配置、メインヘッドライトは下部のコーナーエアインテーク内に装備されています。また、個性的デザインだったグリルは、整った六角形へと進化しています。

キャビン内では、新設計されたダッシュボードとワイドスクリーンディスプレイを装備、後者は、デジタルインストルメントクラスターと、インフォテインメントシステムを1つの自立型ディスプレイに統合し、サイズは24インチ以上の大きさと予想されます。

パワートレインは、1.6リットルターボチャージャーの代わりに2.5リットル直列4気筒GDIエンジンを搭載。最高出力294ps・最大トルク421Nmを発揮すると予想され、ソナタにとって初となる全輪駆動が採用されるのも注目です。

ソナタ改良型のデビューは、最速で2023年内、遅れれば2024年前半となるでしょう。

(APOLLO)