こんにちは! フィールドスタッフの井上(イノォ)です。「初心者でも安心!アジング How to」も今回で第6回目となりました。1年を通して手軽に楽しめる陸っぱりアジングですが、季節によりアジの行動パターンや釣り方は変わります。もちろん地域性もあり多少異なることもありますが、習性を知ることで釣果も上げやすくなるはずです。
シーズナルパターンを知ることでさらに奥深く、ゲーム性の高さや楽しさを実感できるアジング。なんと言っても確実に上達が分かるのも醍醐味の1つではないでしょうか。まずは春夏秋冬、陸っぱりアジングの「シーズナルパターン」を知ってフィールドに出掛けてみましょう!

ということで今回は、アジの1年の行動パターンを踏まえながら「アジの季節ごとのねらい方」について解説します。

1. アジの動きは「水温」と密接な関係にある?

アジはとても水温に敏感な魚で、1年の行動パターンは適水温を求めての行動となります。そのアジの適水温は15℃~25℃前後だといわれています。日本列島は北から南までとても広く「水温の変化」も一様ではありません。地域により異なりますが、ある一定の水温になると産卵のシーズンを迎えるようです。
アジの産卵というのは1年に1回ではなく数回あるといわれています。それは種が絶えないように何回かに分けて産卵するということです。そして、1年のなかで大きな産卵時期というのが春と秋にあたります(※)。とはいえ、地域により夏に産卵することもあれば冬に産卵することもあるようなので、日本沿岸ではかなり時期に幅があり、実際には何月に産卵するとは言えないのが事実です。

※地域によって異なるので、あくまでも目安です

水温に関して、もう1つ注目したいポイントは「川」の存在です。アジは海水温が高くなり過ぎたり、また逆に低くなり過ぎても川に入ってきます。エサとなるプランクトンが川に多いのもアジングにおいて重要な要素なので、とくにチェックしておきたいポイントです。

(広告の後にも続きます)

2.春のアジは産卵にそなえるシーズン!

春はアジの産卵時期、一部のアジが適水温の海域に接岸してくる季節にあたります。群れは小さいのですが大きなアジがねらえる季節です。
春のアジングは夜よりもマズメを絡めた釣りの方が、大きなサイズに出会えます。かといって、夜が全く釣れないわけではなく、適水温の新月大潮という絶好のタイミングの晩に、常夜灯下をねらうのは効果的。春はどのように産卵絡みの群れをねらうのかが重要です。

私自身の経験として、関西圏では5月中旬から下旬によく釣れたことがあります。産卵で接岸してくる場所を見つけることができれば、群れが入ったばかりのタイミングでかんたんに釣れるのが春アジングの魅力です。
ぜひそのような場所を見つけて、デカアジをねらってみてください。

春の陸っぱりアジングのポイント3

(1)沖からアジが接岸する季節であり、比較的サイズがよくなる(2)産卵前の大きなアジがねらえる(3)産卵に向けて「荒食い」をするため比較的釣りやすくなる