最近「車のヘッドライトが眩しい」と感じることが多い?

©︎May_Chanikran/stock.adobe.com

夜間に車を運転しているとき、「対向車のヘッドライトが眩しい」と思った経験はありませんか?

ハイビームで走る人が増えたためなのか、はたまたLEDライトが普及したためなのか、とにかく眩しく感じることが多くなったように思えます。

ライトに目が眩むと、前が見えなくなってしまうため非常に危険です。対向車のヘッドライトが眩しいとき、どのような対策が有効なのでしょうか?

(広告の後にも続きます)

ハイビームの切り替え忘れが増加しているから?

©︎beeboys/stock.adobe.com

そもそも「車のヘッドライトが眩しい」と感じる原因はひとつではありません。まず考えられるのは、ハイビームからの切り替え忘れです。

2017年の改正道路交通法施行により、夜間は基本ハイビーム(走行用前照灯)、前方にクルマがいる場合はロービーム(すれ違い用前照灯)に切り替えることが明確化されました。警察庁のWebサイトにおいても、ハイビームの積極使用が推奨されています。

こういった啓蒙活動もあってか、街灯の少ない場所でハイビームを使用するドライバーが増加したようです。しかし、前方にクルマがいる場合や市街地を走行する際に、ロービームへの切り替えを忘れてしまうと、対向車が眩しい思いをすることになります。