前回に続きまして、冬の定番スポット!渡り鳥の聖地 伊豆沼・内沼周辺をご紹介します!

渡り鳥の聖地『伊豆沼』で白鳥やマガンの観察と生態を学ぶ~宮城県伊豆沼・内沼サンクチュアリセンター(鳥館)編~【登米市/栗原市】

2023年2月13日

昆虫好きにはたまりません+美味しいホットサンド『ひしの実』~栗原市サンクチュアリセンターつきだて館(昆虫館)編~

2023年2月14日

ご紹介するのは登米市側にある伊豆沼エリアのご紹介です。

登米市伊豆沼・内沼サンクチュアリセンター 淡水魚館

登米市伊豆沼・内沼サンクチュアリセンター 淡水魚館はこちらにあります。

前回ご紹介した、栗原市サンクチュアリセンターつきだて館から車で約10分の距離です。

登米市の伊豆沼・内沼サンクチュアリセンターは、淡水魚館という名前の通り

伊豆沼・内沼に住む淡水魚を展示している施設です。

昨年(令和4年)の大きな地震で、しばらく水槽が空になっていた時期もあったのですが

現在は復旧し、大きな水槽も稼働しています。

もう何度も登場している水の生き物が大好きな我が家の息子ケロ太。

こちらも、もちろん大のお気に入りスポットとなっております(笑)

前回、前々回とご紹介してきた伊豆沼周辺のサンクチュアリセンターはみな、無料っていうのがなんともありがたいですよね。

大小さまざまな水槽の中に、伊豆沼や内沼に住む淡水の魚たちが展示されています。

何度も通い詰めているうちに、

大水槽にエサの小魚を入れるという貴重なタイミングに遭遇!!

ケロ太はもちろん大喜び!!職員さんにくっついて歩いて質問攻め…(笑)

ちょっと落ち着こうか、ケロ太…

エサはすぐそこの沼でとってきたタモロコだそうです。

もう少し大きくなったタモロコも水槽に展示してあるのですが↓

エサとなるタモロコは、もっともっと小さい稚魚

さあいよいよ投入…!!

▼動画

想像以上に迫力があってビックリΣ(゚Д゚)!!!

さらにカムルチーや、ナマズの水槽にも…

▼動画

これで大体1週間くらいもつのだそうですよ!

こういった迫力のある餌やりなどは、実際に “みてみたい…!”って思う方が絶対いるはずなので、ぜひともあげる日時をSNSとかで告知してくださったら嬉しいなあ…なんて思ったり(*´ω`*)

 

その後も、職員さんについて回り(…その節はありがとうございましたm(_ _;)m)、新たな知識を得ることができてケロ太さんは大満足だったようです。

稚魚を入れた後の大水槽は、タモロコの群泳がみれて、普段とはまた違った水槽の様子でしたよ(^^)

こんなに入れるのに、1週間も経つと最初に載せた写真のように食べきってしまうなんてすごいですよね。

さてお次は外に出て、白鳥のもとへ行ってみましょう!

(広告の後にも続きます)

前沼

周辺図の右下にある登米市サンクチュアリセンターの向かい側に駐車場があります。

(🄿のマークの場所です)

お休みの日は奥のところでエサが売られていることもあります。

やっていないときは、近くにある伊豆沼農産で常時購入することができますよ(^^)
(鳥インフルエンザの影響により売られていないこともあると思われます)

この日はケロ太のじいじ&ばあば(&お友達)と共に行きまして

ちゃっかり飴も買ってもらってるー

すいません、まったくもう…( ̄▽ ̄;)

沼には靴裏の消毒マットもあるのでしっかり活用しましょう(^^)/

ここは、伊豆沼で白鳥をみるというよりは手前の前沼で白鳥やマガンなどの渡り鳥たちを観察します。

以前はロープがなかったのですが、現在は中へ入ることができません。

おーいケロ太…ポン菓子浴びてるゾー…(笑)

▼動画

この日 ↑ はハクチョウさんが少なかったのですが、日によって

こんな日もあったりします。
(↑凍った沼を歩いてました)

日中は近くの田んぼの方に多くいたりするので、時間帯とかあとは天気もあるのかな。

奥にみえる伊豆沼野鳥観察館は、建物の中に入ることは出来ませんが

屋上に登ることはできるので

上から前沼を眺めたり、

伊豆沼を一望することができますよ!

↑この日はぜーーんぶ凍ってました(笑)

晴れているとこんな感じです↓

▼動画

途中の橋の上からエサをあげることもできます。



(2人でわーきゃーしてますが、会話は全て「うん〇~!」で盛り上がってます…←オイ(笑))

少し離れたところに

ラムサール広場という、伊豆沼農産が運営しているヤギの放牧場があるのですが
(詳しくは伊豆沼農産のHPをご覧ください)

そちらではヤギへの餌やりを体験することができます。

エサは伊豆沼農産の直売所でも売っていますし、放牧場前に餌のガチャガチャが置いてありますよ♪

なかなかアグレッシブなヤギさん!

手を舐められても平気な2人に周りの大人がヒヤヒヤ…( ̄▽ ̄;)笑

このように、様々な動物と触れ合うことのできる登米市サンクチュアリセンター周辺も冬のお散歩にオススメです♪

こちらを運営している伊豆沼農産さんは、くんぺるという農場レストランもされているので、次回はそちらをご紹介いたします(^^)/

施設情報

名前:登米市伊豆沼・内沼サンクチュアリセンター
住所:宮城県登米市迫町新田字新前沼254
電話番号:0220-28-3111
休館日:毎週月曜日(月曜日が国民祝日にあたる場合は、その翌日)、祝日の翌日、年末(12月29日~12月31日)
開館時間:午前9時~午後4時30分
入館料:無料

【詳しくは登米市伊豆沼・内沼サンクチュアリセンター指定管理者のHPをご覧ください】

投稿 伊豆沼の魚が観察できる&白鳥やヤギの餌やり体験も♪~登米市伊豆沼・内沼サンクチュアリセンター(淡水魚館)編~【登米市/栗原市】 は せんだいマチプラ に最初に表示されました。