こいつはどこまでスパルタン?「GRカローラ」の抽選申し込みがついにスタート。1.6Lで304psを誇るバケモノエンジン搭載&2シーターモデルも設定

2022年12月2日、トヨタ GAZOO レーシングは「GR カローラ RZ」と2シーターの「GR カローラ RZ ”モリゾウエディション”」の抽選申し込みを開始した。「GR カローラ RZ」が500台、「モリゾウエディション」は70台の抽選制。

GRカローラは章男社長の想いが込められたスポーツカー

「多くのお客様に愛していただけるクルマだからこそ、絶対にコモディティと言われる存在にしたくない。お客様を虜にするカローラを取り戻したい。」というモリゾウこと章男社長の強い想いから開発が開始された。

レーシングドライバーの石浦宏明選手、全日本ラリーチャンピオンの勝田範彦選手、社内の評価ドライバーに加えて、章男社長がマスタードライバーとして自らハンドルを握り、開発されたモデルとなっている。

エンジンはGRヤリスの1.6L直列3気筒ターボエンジンを強化したものを搭載している。高出力に対応できるように、ピストンの強化、センターマフラーの追加、排気効率の向上を施したことで、最高出力224kW(304ps)を達成した。

また、GRヤリスの4WDシステムGR-FOURを、GRカローラ用に最適化して採用しているほか、カローラスポーツが基本骨格のベースとなっており、GRヤリスと比較してロングホイールベースゆえ、高速での操縦安定性も高い。

(広告の後にも続きます)

30kgの軽量化が図られた「モリゾウエディション」

設定されるグレードは、「RZ」と「モリゾウエディション」の2種類。RZはベースとなったカローラスポーツと同様に5ドア・5人乗りなので、日常生活での使い勝手と走りの良さを楽しむことができる。

モリゾウエディションは、モリゾウこと章男社長が野性味を追及して作り込んだモデルだ。

■「モリゾウエディション」特別装備

・リアシートを撤去し2シーター化したことで、30kg軽量化。


・最大トルクがRZの370Nmから400Nmへ向上。


・構造用接着剤の追加塗布とボディ補強ブレース追加でボディ剛性アップ


・ディファレンシャルギアのローギアード化と1〜3速のクロスギアレシオ化


・タイヤ幅を10mmアップ


・セミバケットシートの採用

そのほかにも、ステアリングやコンソールにウルトラスエード表皮が採用され、フロントガラスにモリゾウサインが施されるなど、購入したオーナーの満足感を刺激する変更がなされている。

抽選申込は、RZグレードとモリゾウエディションで別の方式となるため注意が必要だ。また、受付期間は2022年12月19日までと短め。欲しいと思っている方はお早めに。

グレード

台数

抽選申込方法

GRカローラ RZ

500台

web上で申し込む

GRカローラ モリゾウエディション

70台

全国のGR ガレージ 店頭で申し込む

●■トヨタGRカローラ ラインナップ&プライス

GRカローラ RZ:525万円


GRカローラ モリゾウエディション:715万円

●■トヨタ GRカローラ モリゾウエディション 主要諸元

●全長×全幅×全高:4410×1850×1475mm(全高はアンテナ含む/ルーフ高は1450mm)


●ホイールベース:2640mm


●車両重量:1440kg


●エンジン:直3 DOHCターボ


●総排気量:1618cc


●最高出力:224kW(304ps)/6500rpm


●最大トルク:400Nm(40.8kgm)/3250-4600rpm


●トランスミッション:6速MT(iMT)


●駆動方式:4WD


●タイヤサイズ:245/40R18


●乗車定員:2名