今回のイチ押しルアーは10kgオーバーが連発している外房のルアーヒラマサ。

多彩なゲストも魅力なうえ投げてシャクって盛り上がっておりやす。

勝浦川津港から出船する新勝丸の田村将志船長に色いろとお話をうかがってみやしたよ。

レンタルタックルで手軽に楽しめる

ノブ「船長、久しぶりッス。なんかいいサイズのヒラマサが上がってますね?」

船長「ハイ。11月の終わりくらいから10kgオーバーがよく出るようになりました」

ノブ「釣り場はどのあたり?」

船長「太東~一宮沖の水深20~30mといったところですね」

ノブ「ヒラマサ以外も色いろ釣れてるみたいですね」

船長「日にもよりますがショゴ(カンパチの若魚)やイナダ、スマ、マハタ、アカヤガラなんかも顔を見せます」

ノブ「釣り方はキャスティング?それともジギング?」

船長「両方で釣り場の状況に応じてタックルを使い分けるような感じです」

ノブ「新勝丸にはレンタルタックルもありましたよね」

船長「ハイ。ジギング用が2000円で、数は少ないですがキャスティング用のプレミアムレンタルタックルもあります。こちらは3000円でリールはS社のステラ、ロッドは一流ルアーメーカーのものです。いずれもリーダー付きです。一度使ってもらってその使用感のよさを体感してほしいです」

ノブ「じゃあ、ルアーやフックなどの小物を用意すればタックルを持っていなくても楽しめちゃいますね」

船長「ハイ。ルアーや小物は販売していないのでショップで購入してきてください」

(上)こんなヒラマサをゲットするなら今がチャンス!(下)タックルはジギング用とキャスティング用の2タイプを用意しよう。

(広告の後にも続きます)

状況を見てキャスティングとジギングで狙う

ノブ「キャスティング用のプラグは何を用意すればいい?」

船長「最近は大型のものがよくて20cm前後のフローティングペンシルベイトや同サイズのポッパーがいいですね。アピール力が高い泡と音でヒラマサを誘い出します」

ノブ「キャスティングゲームでのコツを教えてください」

船長「キャストは危険防止のため必ずアンダーハンドで行ってください。プラグを遠くへ投げたらペンシルベイトもポッパーも竿先をジャークしながら引いてくる誘い出しで探ってください。魚が出たら重みがロッドに乗ってから合わせます」

ノブ「ジグは何gくらいを用意すればいいッスか?」

船長「110~130gがメインで潮が速いとき用に180~200gも2~3本用意してください」

ノブ「ジギングのコツを教えてください」

船長「浅場ではアンダーハンドでジグをキャストして広く探ってください。水深がある所や状況によってはバーチカルで探るケースもあります。どちらでやるかは私がアナウンスします。いずれもジグが着底したら、ワンピッチジャークで探ってくるのが基本です」

ノブ「今後の見通しは?」

船長「水温が下がらないので、当分の間はヒラマサ狙いが楽しめると思います。その後はワラサのジギングがおもしろくなるハズです」

ノブ「船長、今日はありがとうございました。10kgオーバーのヒラマサが釣りてぇッス」

船長「釣れているうちに竹田さんもぜひチャレンジしてみてください。私も頑張るので!」

ノブ「ハ~イ!」