ソウル駅エリア:ソウルの電車の玄関口

ソウル駅はソウルの電車の玄関口。とても大きな駅で、ここからソウル市内を結ぶ地下鉄や、空港に向かう空港線、そして釜山や大邱など韓国の地方へ向かう電車「KTX」の出発地点でもあります。

普段から乗降客の多い駅ではありますが、韓国のお盆である秋夕や旧正月には地方に帰る市民でごった返す様子が風物詩になっています。

【ソウル駅】何を食べるか迷ったらここへ。「新村ソルロンタン」

人気の韓国料理のひとつ「ソルロンタン」。牛骨を白濁するまでコトコト煮込んだスープに、ご飯や麺を入れて食べる優しい味の料理です。

「新村ソルロンタン(シンチョンソルロンタン)」は、ソルロンタンの専門店。韓国で有名なチェーン店のひとつで、ソウル駅近くの「ソウルスクエア」にも出店しています。

ソルロンタン専門店の定番が、付け合わせで出てくるキムチ。どのお店にもキムチが置いてあり、自由に食べられます。新村ソルロンタンの場合は白菜キムチと、しっかり漬かったカクテキが提供されます。

ソルロンタン自体にはほぼ味がないので、塩コショウを入れたり、キムチを入れたりして自分で味をととのえます。新村ソルロンタンはネギも入れ放題なので、ネギ好きの人にも人気。

白いソルロンタンの中には、薄切りの牛肉と細いそうめんのような麺が。脂身があってこってりしていそうですが、ソルロンタンがあっさりしているので、それほど気になりません。

ひとりごはんもしやすいお店なので、困ったときは新村ソルロンタンを利用してみてください。

新村ソルロンタン ソウルスクエア店住所:ソウル特別市中区漢江大路416,モール B1F
(서울특별시 중구 한강대로 416,몰 B1F)営業時間:11:00~21:00休日:旧正月・秋夕(チュソク)の当日web:http://sinchonfood.net

(広告の後にも続きます)

清潭洞エリア:芸能事務所が多く集まる高級住宅街

最後に紹介するのは、ソウルを横切る大きな川、漢江(ハンガン)の南側「江南」地域にある清潭洞(チョンダムドン)エリアです。ここはいわゆる高級住宅街で、高級ブランドのショップや、デパートなども集まるセレブな街です。

【清潭洞】セレブなエリアで異彩を放つ「庶民派」食堂「コルモッ食堂」

セレブな雰囲気あふれる清潭洞エリアですが、そのなかで異彩を放つ人気店が「コルモッ食堂」です。

コルモッ食堂(外観)

「食堂」と付く名前のとおり庶民的な食堂で、雑居ビルの地下1階にあります。しかし、なかに入ると驚かされるのがずらりと並ぶ有名人のサイン。

じつは以前、TWICEなどが所属する芸能事務所「JYPエンターテインメント」が近くにあったため、毎日のように関係者が訪れていたらしく、TWICEのメンバーもデビュー前から通っていたといわれています。

コロナ禍前は日本からファンが訪れることも多く、日本人だとわかるとお店の方が日本語で話しかけながら、日本語のメニューを出してくれることも。

人気のメニューはキムチチゲ、お店のおすすめは韓国の卵焼き「ケランマリ」。

ボリュームたっぷりな韓国のおふくろの味を味わってみてください。

コルモッ食堂住所:ソウル特別市江南区清潭洞126-6, B1F(서울특별시 강남구 청담동 126-6, B1F)営業時間:11:30~22:00定休日:日曜、旧正月・秋夕(チュソク)の連休

個性的で斬新なレストランやセンス溢れるカフェが次々とオープンし、新しい流行が生まれて人気を集めていく一方で、庶民的な食堂も一緒に愛されているソウル。

ソウルに訪れる機会があったら、新しいトレンド、カルチャーを体験しつつ、長年愛されるローカルグルメもぜひ一緒に楽しんでください。
きっと今まで知らなかったソウルの魅力を見つけられるはずです。

西門香央里

東京在住、フリーランスのライター&フォトグラファー。K-POP、韓国事情(ソウル中心)、国内外のグルメ、街情報を中心にウェブメディアなどで活動中。年3〜4回の渡韓でエネルギーを蓄えている。現在、韓国語勉強中。

初回投稿日:2019年2月12日
※2022年11月30日に一部内容を更新しました

関連記事

冬の台湾を美しく彩る、2つのランタン祭りの楽しみ方

これが世界の冬景色。冬の海外旅行でしか見られない絶景特集