ダイワの汎用型スピニングリールであるフリームスシリーズが、新開発素材・ザイオンVを採用して生まれ変わりました。

21フリームスの特徴やフィールドで使ってみた感想を、詳しくご紹介しましょう。

実売価格と性能のバランスが、飛び抜けて良好な印象の21フリームス、実釣ではどのように活躍してくれたのでしょうか。

21フリームスとは

21フリームスとは、ダイワから発売中のコスパ優秀なスピニングリールのことです。

全13機種がラインナップされていて、1000番から6000番の中から選ぶことができるようになっています。

注目点は、何といってもボディに用いられてる素材。

旧モデルはシンプルな樹脂ボディでしたが、21フリームスには新開発のザイオンVが採用されています。

カーボン繊維強化プラスチックとのことで、既存のザイオンとは異なるとのこと。

ボディと同時にローターにも採用されていて、実際に21フリームスを手に取ってみると、ハンドル回転の滑らかさ・軽やかさの向上が実感できます。

特にローターの巻き始めの軽さが際立っていて、これならライトラインを使ったアジングゲームやトラウトゲームなどで、そのメリットをじゅうぶんに活かせるでしょう。

最近のアジングゲームでは、0.4号に満たないPEラインやエステルラインを用いることが多くなっています。

そんなラインラインを操るのに、ローターが重くてレスポンスが悪いままでは、お世辞にも操作性が高いとはいえません。

21フリームスのローターは、まさにライトラインとのマッチングをベストな状態に仕上げたもの。

無理なく巻き取れて、連続のアプローチを維持するのに、とても適していると感じます。

もうひとつ、21フリームスの注目点を挙げるとすれば、ボディ下部にオン/オフストッパーが装備されていること。

ダイワの他のスピニングリールでは、廃止されているものが多くなっている現状で、あえて残した意図は何だったのか気になります。

公式サイトでは、『ストッパー付きを望む声も根強く残っており、本機種は汎用性を高める為にストッパー付きを採用』のと記載。

なるほど、アングラー側に選択肢を与えるために、ストッパー廃止モデルとの混在を実現したわけです。

実釣でストッパーを使っているアングラーをあまり見かけない感じがしますが、手元の小さなレバーなので、パッと見では分かりません。

筆者は昔は多用していましたが、最近はドラグ性能が良くなったので、ラインを送り出す役割はドラグの滑りに任せています。

ドラグでラインを出すと、ラインがヨレてしまう!という人がいますから、その点が気になる人はストッパーを継続使用し続けるでしょう。

ドラグとラインのヨレの関係性は、あまり体感したことがないので、筆者はドラグに任せています。

出典:ダイワ

(広告の後にも続きます)

21フリームスの1000番モデルを使ってみた!

21フリームスシリーズの中から、2機種を選んで実釣で使い続けています。

まずは、21フリームス・FC LT2000Sのインプレから。

同時期にモデルチェンジしたダイワのカルディアや、シマノのアルテグラも2000番を所有しているので、比較することができます。

ギア比は5.2対1ですから、ハンドル1回転につき68cmのラインを巻き取ることができます。

ローターの軽量化がとても活かされていて、スムーズな巻き取り作業は爽快そのもの。

ウエイトは185gと軽いですから、連続キャストやロッドワークを繰り出しても、手首が疲れてくる感じはほぼ受けません。

最大ドラグ力は5.0kgで、ラインキャパは0.4号のPEラインなら、200mも巻けるようになっています。

巻き心地は、カルディア・アルテグラと比べて遜色はないでしょう。

となれば、販売価格と照らし合わせて、かなりコスパ良好な機種といえそうです。