一年中狙えるロックフィッシュですが、水温が下がり始めると、産卵や捕食目的で接岸を開始します。

ショアからのキャスティングアプローチでじゅうぶん釣れるので、この機会を逃さず迎撃してみましょう。

ここでは、ロックフィッシュの釣り方やおすすめリグについて、詳しくご紹介します。

ロックフィッシュゲームとは

ロックフィッシュゲームとは、根魚と呼ばれているカサゴ・キジハタ・アイナメ・ソイなどをターゲットにしたルアー釣りのことです。

沖合いのボートから深場を狙うのではなく、ショアからのキャスティングでロックフィッシュを釣り上げてみましょう。

例えば、カサゴ。

毎年12月ごろになると、産卵のために接岸してくる習性を持っています。

魚のほうからやって来るのですから、ショアで待ち構えて積極的に釣り上げましょう。

その方法をマスターするには、まず釣り場選びからスタートしなければなりません。

かなり浅い水深まで入ってくるのですが、具体的にはロックフィッシュゲームではノーマークになりがちな、漁港のスロープがおすすめです。

傾斜のあるコンクリート護岸なので、入ってきた海水が縦方向に回転して、独特の波を発生させる場所です。

海水と空気が混ざりやすく、コンクリートと地面との境目がくっきり。

その硬くて長く続く段差が、カサゴの定着に適しているのです。

テトラのような穴は無いものの、かなりビッグサイズのカサゴが寄っていますから、ルアーをキャストしないのはもったいないでしょう。

船の出入りがおこなわれる場所ですから、航行の邪魔になるのは絶対に避けてください。

船の通行が無いことを確認してから、スロープのコンクリートとボトムが接するところを、ワームリグで丁寧に探します。

スロープと並行になる位置からキャストすれば、長い距離に渡ってその接点をトレースできるでしょう。

スロープの継目に引っ掛かったら、しばらくトレースは停止。

止めているワームリグに、カサゴやその他のロックフィッシュがバイトしてくることが多々あります。

何も変化が無ければ、引っ掛かり状態を外して、再度トレースを始めてください。

ワームは、エビ・カニといった甲殻類を彷彿とさせるホグ系ワームが、最も効果的でしょう。

出典:ダイワ

(広告の後にも続きます)

昔ながらのテキサスリグでロックフィッシュを狙おう!

接岸してくるロックフィッシュを叩くのに、どのようなワームリグが向いているのでしょうか。

引っ掛かりをしっかり抑えたいなら、テキサスリグがベストです。

相当複雑な地形変化に投入しても、スリップシンカーともども上手く脱出してきます。

岩場の隙間にねじ込んでも、丁寧にトレースしてくれば、スルリと出てくるリグなのです。

ただし、あまりに重いスリップシンカーを用いると、サイズや幅が大きくなってしまうので、引っ掛かりトラブルにつながるかもしれません。

もっとスリムなシンカーで、地形変化やカバーをクリアできるリグはないのでしょうか?