水中撮影を楽しむダイバーの皆さまに朗報!グランプリ賞金50万円、準グランプリ賞金10万円が贈られる「日本水中フォトコンテスト」の開催が決定。アマチュアであれば誰でも最大10点までデジタル写真データで応募ができ、撮影地、機材、テーマは自由。第一線で活躍する写真家6名が審査、各賞の選出と表彰を行う。11月1日からいよいよ応募開始!

日本水中フォトコンテストとは?


「日本水中フォトコンテスト」は日本水中写真コンテスト実行委員会が2023年よりスタートするフォトコンテスト。企画された背景には、たくさんのダイバーが水中撮影を楽しむ一方で、その評価の場は決して多くはないという現状がある。

かつてはダイビング専門誌が主催する水中写真コンテストに多くのアマチュアダイバーが水中写真を応募し、入賞をきっかけにプロへの道へと進む方もいた。また毎年開催されるフォトコンテストを励みに、多くのダイバーが水中写真へのモチベーションを高めていた。

しかし、そういった舞台が少なくなった今、より多くの方々に水中撮影を楽しみながら、受賞を目指し作品作りに励んで欲しいという想いから、日本を代表するフォトコンテストを目指して「日本水中フォトコンテスト」が企画された。

日本を代表する写真家6名が審査

名誉顧問:中村征夫(写真家)

審査委員長:高砂淳二(自然写真家)

審査員:鍵井靖章(水中写真家)

審査員:清水淳(写真家)

審査員:関戸紀倫(自然写真家)

審査員:古見きゅう(水中写真家)

「日本水中フォトコンテスト」はその名前に違わず、審査員の顔ぶれもとても豪華だ。

名誉顧問を中村征夫氏、審査委員長を高砂淳二氏、審査員は鍵井靖章氏、清水淳氏、関戸紀倫氏、古見きゅう氏が務める。自分が撮った水中写真を、トップレベルの写真家の目で審査してもらえるチャンスは、とても貴重ではないだろうか。

(広告の後にも続きます)

グランプリを筆頭に

25名に授賞のチャンス

グランプリ、準グランプリのほか、優秀賞5名、入選15名、審査員賞6名が選出され、各賞の受賞者にはそれぞれ副賞として賞状やトロフィー、記念品などが贈られる。