メジナの釣り方

出典:PIXTA

メジナは小さい若魚なら防波堤周辺で見かけることもありますが、基本的には磯が主な釣り場になります。

釣り方は地域によって様々なスタイルがありますが、フカセ釣りで狙うのが主流です。

ちなみに和歌山県の紀伊半島では、オモリやウキなどを使わず、ラインを巻いたリールにハリとエサだけを結んで潮に流す完全フカセ釣りもよくおこなわれてきました。

完全フカセ釣りは沖に向かってラインを流していくスタイルで、自然な誘いができるのが特徴です。

また、メジナはルアーも積極的に追いかける傾向があるため、ミノーやバイブレーションをキャストしてロックフィッシュなどを狙っているときにも食い付いてきます。

もともと警戒心が強いので中層~下層に多いメジナですが、水温が下がる冬場はさらに釣りにくくなります。

そんなときはマキエを使って表層に浮かせ、食わせる釣り方もおすすめです。

色々な釣法を試してみて、釣果を上げやすいメジナ釣りのスタイルを見つけましょう。

(広告の後にも続きます)

メジナ釣りにおすすめのタックル

出典:PIXTA

メジナ釣りは振り出し式の磯竿にレバーブレーキ付きのスピニングリールを組み合わせることが多いです。

フカセ釣りの場合は5m前後の長さで、アタリを取りやすい柔らかい穂先のロッドが適しています。

スピニングリールにはナイロンラインの2号前後を150m程度巻く必要があるため、2500~3000番のサイズがおすすめです。

ちなみにリールにレバーブレーキが付いていると、メジナが強く引いたときに瞬時に竿を立て直せるメリットがあります。