関西ではグレという呼び名で親しまれる釣りの対象魚・メジナ。

一般的にはあまり馴染みがないかもしれませんが、メジナは釣り人の間では磯釣りの王者として知られています。

釣りで楽しませてくれるのはもちろん、美味しく食べられるのもメジナの魅力です。

今回はそんなメジナの生態に迫り、釣り方やさばき方、おすすめ料理をご紹介します。

メジナとは

出典:PIXTA

メジナとはスズキ目メジナ科に属する海水魚です。

体長は平均で40cm程度ですが、大きい個体は70cmほどにまで成長します。

釣り上げたときは全体的に深緑色をしていますが、時間の経過とともに黒っぽく変色します。

メジナは日本各地の磯に生息しており、釣り人の間では磯釣りの王者として親しまれています。

産卵期は2月~8月で、藻や甲殻類などをエサにする雑食性の魚です。

ちなみにメジナは地方名を多く持ち、例えば関西ではグレ、九州ではクロと呼ばれています。

これはメジナの黒っぽい体色に由来して名付けられたようです。

(広告の後にも続きます)

メジナについて詳しくは図鑑でチェック!

写真から探せる魚図鑑