週末はどのようにして過ごしているだろうか? 趣味に没頭する、睡眠時間に当てている、ぼーっとスマホを眺めているなど、週末の過ごし方は人によってさまざまだ。

もし週末に時間が余っているのなら、その時間を「勉強」に当ててみるのはいかがだろうか?勉強をして知識やスキルを身につけることで、自身の成長や別職種への転職につながったりする。

しかし、手当たり次第で勉強しても大した効果は得られないため、本記事で紹介する5つのジャンルから選ぶことをおすすめする。週末に時間が余っている人は、ぜひ最後まで読んでほしい。

■ジャンル1.お金の仕組み

1つ目のジャンルは、お金の仕組みだ。税金や貯金、投資、為替など、これらのお金の仕組みについては、残念ながら学生時代にほとんど学習していない。

お金の仕組みを勉強して理解すれば、正しく安全にお金を増やし、その上で無駄な出費を抑えることができるだろう。また、投資詐欺や情報商材などに騙される心配もなくなる。より多くのお金を扱う社会人だからこそ、お金の仕組みについて深く理解しておく必要があるのだ。

お金の仕組みの勉強には、正確な知識を身につけたいなら書籍、手軽に仕組みを知りたいならYouTube、プロから知識を得たいならマネーセミナーといった方法がある。SNSでも情報を発信しているアカウントが多々あるため、興味がある人はぜひ一度覗いてみよう。

【2022年最新】不動産売却の基礎知識を解説!タイミングや囲い込み対策・税金で知るべきこと

(広告の後にも続きます)

■ジャンル2.英語

グローバルな人材を目指したいなら英語を勉強しよう。世界で活躍するためには英語の知識が必要不可欠であり、日本企業でも英語力を求める傾向が強くなっている。

英語を学んだからといって、0から1で何かを作れるようになるわけではないが、いずれどこかで英語力が必要なシーンに出くわすはずだ。そのときに勉強しても手遅れであるため、将来に投資をする感覚で英語を勉強してみてほしい。

英語の勉強は、英単語の読み書きと最低限の文法を学び、そのあとに日常会話の学習を始めるのがおすすめ。最短で英語力を身につけたい場合は、勉強アプリやスクールを利用しよう。

【2022】オンライン英会話おすすめ人気21社比較&社会人の選び方