釣り場で無かったら困るアイテムといえば、ラインを切るカッターや、魚の口から刺さったフックを外すハリハズシなど、いろいろ挙げられます。

それらをひとつにまとめて扱いやすくしたものが、釣り用のプライヤーです。

海水に触れてもカンタンに錆びない素材が使われているので、耐久性もバッチリ!

そんな釣り用プライヤーの特徴や使い方について、詳しくご紹介しましょう。

プライヤーとは

プライヤーとは、ハサミのようなカタチをしていて、さまざまな作業をカンタンにおこなえるように仕上げた便利ツールのことです。

中でも釣り用に作られたプライヤーには、釣りを楽しむ上で重要な役割・要素が豊富に搭載されています。

まず最初に取り上げたいのは、吟味された素材です。

海などで持ち出して使いますから、海水に触れたらカンタンに錆びてしまうような素材は、役に立ちません。

錆びない素材で、なおかつ剛性・耐久性のあるものといえば、ステンレスやアルミなどの金属が挙げられるでしょう。

それらをふんだんに使って設計・構築されたプライヤーなら、釣り場で安心して使い続けることができます。

次に注目するのは、挟むという役割です。

何を挟むのかというと、プライヤーの先端を見てください。

鉤状に曲がっているものや、左右どちらも均等で曲がっていないものが用意されています。

曲がっているほうのプライヤーは、この先端部分でスプリットリングを挟みます。

曲がりの尖った部分をスプリットリングの隙間に入れて挟むことで、若干の開きを発生させ、その開きにフックを差し入れて装着もしくは交換するのです。

いわゆるスプリットリング・オープナーとして、挟む役割を担っています。

鉤状に曲がっていないほうは、左右から均等なチカラで対象物を挟むことができます。

何を挟むかといえば、例えば魚の口の奥に引っ掛かったフック。

指では届かないですし、チカラを込めて引っ張ることすらできません。

そんな状況に陥ったとき、釣り用プライヤーの先端を魚の口へ差し込み、奥に引っ掛かっているフックの軸を挟むのです。

プライヤーには安定して握ることのできるグリップが付いていますから、手のひらで包み込むようにして握り、先端で挟んだフックをしっかり外しにかかってください。

指先では無理だった引っ掛かりでも、プライヤーなら強引に外せることが多々あります。

釣り場でモノを挟むという行為は、結構ひんぱんに発生するもの。

毒性のある魚・生き物を挟んでリリースすることもできますから、とても重宝するでしょう。

魚の口には鋭い歯が生え揃っていて、それらから一定の距離を置いてハリハズシ作業をおこなえるのも、釣り用プライヤーのおかげなのです。

出典:アマゾン

(広告の後にも続きます)

ラインをカットする機能を持つ釣り用プライヤー!

釣り用プライヤーの役割として、ラインをカットすることもとても重要でしょう。

先端から支点部分に向けて目を移すと、ちょうと付け根の辺りが薄い刃になっています。

そこにラインを添えてから、一気にプライヤーを閉じると、カンタンにラインを切断できるでしょう。

大型サイズでも小型サイズでも、カッター機能の付いた釣り用プライヤーは多く、この切断機能のおかげで、別にカッターのみを保持する必要がなくなります。

釣り場へ身軽な恰好で出かけたいなら、持ち込むタックルの量を減らすほうがいいでしょう。

釣り用プライヤーにラインカットを任せて、保持タックルの軽量化を図りたいものです。