大型のシーバスや青物をターゲットにするとき、通常のトレブルフックでは伸ばされてしまうことがあります。

ショアラインシャイナーZセットアッパー ランカーハンター125S-DRなら、太軸フックをベリーと最後尾に2つ装着。

大きな負荷が掛かっても、強引に寄せてランディングに持ち込めるでしょう。

2022年には、新しいカラーバリエーションが追加決定。

その特徴や使い方について、詳しくご紹介しましょう。

ショアラインシャイナーZセットアッパー ランカーハンター125S-DRとは

ショアラインシャイナーZセットアッパー ランカーハンター125S-DRとは、ダイワから発売中のシーバスゲーム専用ミノーのことです。

シンキング仕様でロングビルタイプですから、キャストして足元まできっちりと、狙ったレンジをトレースできるように作られています。

監修は、あの小沼正弥さん。

動画配信やフィッシングショーでお馴染みの、日本を代表するシーバスアングラーです。

元々6番のトレブルフックが3連装になったモデルがリリースされていましたが、6番の通常フックでは伸ばされるケースが発生したとのこと。

そこで仕様をヘビーデューティーに切り換えたのが、ショアラインシャイナーZセットアッパー ランカーハンター125S-DRなのです。

ボディやウエイトは変わっていませんが、次の要素が新しくなりました。

まずは、太軸の3番トレブルフックを2連装にして、4番のスプリットリングで強化しています。

これにより、大型シーバスや青物が掛かっても、カンタンにフックやスプリットリングが伸ばされてしまうことはなくなりました。

合わせて、フック金具も太軸に強化されています。

また、ボディ内部にリブを追加していて、大型魚による衝撃で壊れないように耐久性をアップしています。

いろいろ切り換わっていますから、スイミングアクションは3フッカータイプと比べると、ややタイトなウォブンロールアクションになっています。

実際にフィールドでキャストしてみましたが、既存の3フッカーモデルとあまり大差のないアクションのように感じました。

飛距離はかなり伸びるので、防波堤などから外に向けてフルキャストするのに向いています。

当然そのシチュエーションだと青物やタチウオなどが食い付いてきますが、ボディ剛性の高さやフック強度のアップで、しっかりとフッキングからランディングに持ち込めるでしょう。

70cm程度のマルスズキなら、ゴリ巻きで寄せてもトレブルフックの形状はそのままで、伸ばされた形跡はありませんでした。

タチウオの場合は、すっぽ抜けてフッキングに至らないケースが、何度か発生しました。

ラトリンと表記されているモデルは、ラトルが目玉シールの後ろぐらいに入っています。

ブラス球とガラス球のブレンドで、0.3g程度のウエイトアップとなりますが、基本的なスイミングアクションはほぼ変わらず。

ラトル無しタイプとのローテーションで、大型シーバスを誘い出してみましょう。

出典:ダイワ

(広告の後にも続きます)

ショアラインシャイナーZセットアッパー ランカーハンター125S-DRの釣れるアクションは圧倒的!

ショアラインシャイナーZセットアッパー ランカーハンター125S-DRをフィールドで泳がせてみると、何とも絶妙なロールアクションを見せてくれます。

他のルアーではあまり見たことがありませんし、特にロングビルミノーではとても個性的といえるかもしれません。

このアクションを、3フッカーモデルでも今回の2フッカーモデルでも、ほぼ変わらないレベルで実現していることに驚きを隠せません。

レンジキープしながら、ベイトフィッシュの弱みを体現するようなアクションを繰り出すので、バイト数は安定して増え続けます。

河川などさまざまなシチュエーションで試しているのですが、好釣果なのは変わらず。

こうなると、新しいカラーバリエーションも俄然使ってみたくなるでしょう。