ちびチヌヘッドを駆使して大型チヌを釣り上げよう!

ちびチヌヘッドの特徴やアプローチ方法、おすすめのロッドを取り上げてみましたが、いかがでしたか?

意外とアタリが小さいのが、チヌの特徴でもありますから、ラインの変化に常に注意してください。

フッキングが決まれば、強烈な引きに対峙しなければなりません。

ランディングネットを用意して、時間をかけながら足元まで引き寄せるようにしましょう。

ジャッカル公式サイト

(広告の後にも続きます)

チヌの関連記事はこちら



チヌ&キビレを釣りたい!ちびチヌヘッド+ワームで河口エリアを攻略しよう

チヌ(=クロダイ)は、全国各地で生息が確認されている、釣りの対象魚です。

とても人気があって、さまざまな釣り方が編み出されていますよ。

最も有名なのがウキを使ったフカセ釣り、そ…

2022年10月30日FISHING JAPAN 編集部



チヌ&キビレを釣りたい!ちびチヌヘッド+ワームで河口エリアを攻略しよう

河川の河口域や堤防エリアから水面を見ていると、大きなチヌが数多く泳いでいるのを見つけることができます。

どうやって釣り上げればいいのでしょうか?

ここでは、初心者アングラーに…

2022年10月30日FISHING JAPAN 編集部



チヌ&キビレを釣りたい!ちびチヌヘッド+ワームで河口エリアを攻略しよう

ジャッカルからリリースされている水面攪拌能力の高いルアー・ライザーベイトシリーズに、2022年新しいサイズが登場します。

ネーミングは、ライザーベイト006。

全長65mmというチヌや…

2022年10月30日FISHING JAPAN 編集部